FC2ブログ

「秘密」

「秘密」(山田太一/「月刊ドラマ」83年6月号/映人社)絶版

→テレビドラマシナリオ。昭和50年放送作品。
家族は情熱とは相容れない。劇的なものからは距離がある。
たとえ家族のスタート地点である結婚が男女の熱愛の結果であろうと、
家族を営むという行為は、その最初期の情熱を殺すことでもたらされる。
父親や子どもはまだいい。会社や学校という、家族以外の世界をもつ。息抜きも可能。
だが、専業主婦の母親は、あらゆるものから断絶している。
もう女でも妻でもない。ただ母として生きるしかないのである。
そして彼女こそこのドラマのヒロインである。

家族の平和を乱すものは電話である。いたずら電話。
名も知らぬ青年から主婦へ電話がかかってくる。つきあわないか、というのである。
声を聞いたかぎりまだ少年のようでもある。主婦役は中村玉緒。
中村玉緒はこの少年をつきとめ叱りつける。
こんないたずらをする理由を問いただす。ここでの少年のせりふがいい。

「(目をあげ、せきこんだように)オレ、もうじき留萌へ帰るんです。
兄貴と親父が漁師やってんだけど、兄貴が、肝臓悪くして入院したもんで、
オレ、手伝わなきゃなんないんです。
オレは、札幌とか、そういう街の方がいいんだけど、
だからオレ札幌の、車の整備工場へ就職したんだけど、一年ちょっとで、
帰ることになって(と次第にゆるい口調になって目を伏せて行き)
都会へ出て来て、いいことも別になかったし、悪いと思ったけど、
一度くらい、ちょっとくらい悪くたって、
思い出になるような事してみようと思って、
先輩の真似して電話かけたんです。
もうじき、留萌へ帰るから、安心して下さい。
先輩にもお宅へはかけるなっていいます。もう迷惑はかけませんから」(P89)


少年と別れたのちも、なぜか中村玉緒は気になる。
あのじぶんの子どもと変わらぬ年齢の少年を忘れることができない。
家族。主婦。相も変らぬ日常である。
夫は趣味の写真撮影に没頭。
高校生の娘は大学入学を機に家を出ることしか考えていない。
中村玉緒は電話帳で札幌中の自動車整備工場を調べ、少年をつきとめる。
電話へでた少年に中村玉緒は――。

「あのね、もしよかったら、その日曜、
私と半日くらい(ちょっと照れ)デイトしない?」(P92)


少年が札幌を去る日である。
中村玉緒と少年は札幌を歩く。歩く。歩き続ける。別れが、来る。
いったん別れたあと、中村玉緒は少年をひきとめる。路地裏へ連れ込む。
このとき少年を抱きしめ接吻した中村玉緒は、母だったのか、女だったのか。

「こうしたかったの。こうしてあげたかったのに、勇気がなかったの」(P98)

ドラマの終わりは、またもや日常である。
旦那の料理を作る中村玉緒。札幌を離れゆく列車内の少年と交互に映され――。
山田ドラマは、ふたたび日常へ舞い戻る。
あたかもテレビのまえにいる視聴者も、これから、
さて風呂へでも入るか、と日常へ帰参するのを暗示するかのように。
いな、その日常を励ますかのように。背中をぽんと押すように。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/982-b4435d6b

山口 湯田温泉 ホテル予約   山口☆ホテル予約で見つけたホテル予約日記  2007/08/10 14:18
山口☆湯田温泉☆ホテル予約☆で見つけた、いいホテル予約! !いつも、このブログを読んでいただきありがとうございます。大変ご好評のこのホテル予約日記ブログ。今まで、あんなホテル、こんなホテルを紹介してきました。今日紹介するホテルお奨めは、湯田温泉 ホテルタ
山口 湯田 ビジネスホテル予約  山口☆ビジネスホテル予約で見つけたビジネスホテル予約日記  2007/08/10 21:58
山口☆湯田☆ビジネスホテル予約で見つけた、いいビジネスホテル予約! !いつも、このブログを読んでいただきありがとうございます。大変ご好評のこのビジネスホテル予約日記ブログ。今まで、あんなビジネスホテル、こんなビジネスホテルを紹介してきました。今日紹介する
ホテル予約 湯田温泉  山口☆ホテル予約で見つけたホテル予約日記  2007/08/10 22:59
ホテル予約☆湯田温泉で見つけた、いいホテル予約! !いつも、このブログを読んでいただきありがとうございます。大変ご好評のこのホテル予約日記ブログ。今まで、あんなホテル、こんなホテルを紹介してきました。今日紹介するホテルお奨めは、湯田温泉 ホテル松政です---
山口市 湯田温泉 ホテル予約  山口☆ホテル予約で見つけたホテル予約日記  2007/08/11 10:43
山口市☆湯田温泉☆ホテル予約で見つけた、いいホテル予約! !いつも、このブログを読んでいただきありがとうございます。大変ご好評のこのホテル予約日記ブログ。今まで、あんなホテル、こんなホテルを紹介してきました。今日紹介するホテルお奨めは、湯田温泉 松田屋ホ