FC2ブログ

ご本、ありがとうございます

春日武彦先生、「援助者必携 はじめての精神科 第3版」(医学書院)、
昨日19日ポストで発見しました。本当にありがとうございます。
毎日郵便受けを見ていないので、いつ届いたかはわかりません。
第2版よりも版型が小さくなったのではありませんか?
第2版は新宿の紀伊国屋書店、
医療書コーナーで部分部分失礼ではありますが、
立ち読みしたことがございます。
第3版は以前に比べて読みやすくなったような気が致します。
早速、明日拝読しておのれのくだらぬ人生と照らし合わせたいです。
筆圧強めの「人生の迷い」にいまもいまとらわれておりますので、
先生のご本が現実的な指針として左右することと思います。
「淡々と生きる」と「好きに生きる」の迷いでございます。

これで運気が変わるかもしれません。
先々月「8:2で大腸がん」と宣告されてしまい、それが検査1ヶ月まえのこと。
どんな気持で検査まで過ごせっていうんですかね?
3歳年下の外科医の考えはよくわかりません。
最悪の事態を考えるのが常ですから、もう大腸がんだとあきらめていました。
こんなもんかよ人生はと思っていたら、そうではなく、
かといって再生したかのように人生の新鮮な美しさやすばらしさに
目覚めるようなこともありませんでした。
かと思えば約束していた短期派遣仕事をドタキャンされて、
やっぱり人は信用できないという虚脱感からいまだ抜けきれておりません。
来週月曜日に郵便局でハガキを買って、その場で礼状を送ります。
土屋はやっぱり字が汚いなあ、これじゃ履歴書も落ちるよ、
と憐れんでくだされば嬉しく、
そんなハガキはそのままゴミ箱にポイでお願いします。
ハガキで礼状を書くのは失礼かもしれませんが、
世間知らずなのでどうかお許しください。

春日武彦先生、ご著作、本当にありがとうございます。
いま生活が荒んでいましたが、この幸運を弾みにして、
立て直す方向に向かいたいと思う所存であります。
生きていたらいいこともあるんだなあ。

COMMENT

駿河屋 URL @
03/28 18:28
. 前に春日武彦のことを「殴りたくなる顔をしている」と揶揄していたのと同じ人とは思えない記事だね。

確かに殴りたくなる顔してるけどさ。
Yonda? URL @
03/28 21:27
駿河屋さんへ. 

あれは6、7年まえの話で「顔面考」。
エゴサーチしてあれを読んだ春日先生が怒りのメールを送ってきたんだよなあ。
懐かしい。
時がたてば人は変わる。関係性ができれば感想も変わる。








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/6989-f945bd47