FC2ブログ

怖い人がいなくなった

いまの時代風潮として怖い人がいなくなった。
わたしもむかしは原一男や宮本輝が怖かったが、いまはぜんぜんまったく。
池田大作さんほど怖そうな人を知らないが、
あの方がお隠れになった時期くらいからではないか。
いま文学や宗教、演劇の世界で怖い人っている?
暴力団が反社になったのは、埼玉が「さいたま」になり骨抜きにされたようなもの。
田中角栄くらいは迫力があったが、そのあとの政治家では、
いや政治には無知だから。
それでも野中広務には暗い怖さがあったが、いまの橋下徹はバラエティー。
中上健次が怖かったのは実際に暴力をふるうお部落のお育ちだったからで。
難解本の読書量自慢をしていたが、ただページをめくったってだけなのは、
もうそろそろだれかがばらしてもいい時期だろうが、だれもやらない。
三島由紀夫は怖いよ。なに考えてんだよ、あの死に方。
そうだから、いまの作家で怖いのはだれか。
幻冬舎社長の見城徹さんは完全独裁者気質で怖そう。すぐ大声を出しそう。
とはいえ、いまの編集者全般、コンプライアンス主義で、
いやらしいめんどうくさいやつは多そうだが、怖い人はいないと思う。
「おまえを業界で食えなくさせてやる」くらいは言いそうだが、
それは人によっては鬼より怖いが、正しくは陰湿な嫌がらせだろう。
瀬戸内寂聴は怖いがもうすぐ死ぬ。
村上龍が怖いなんて思っているのは虚像で、
若くしてデビューしたあの人は老人になっても世間知らずの若者ぶりっ子。
ああ、小谷野敦は怖いよね。
あいつ、命令形の2、3文だけをメールで送ってきたことがある。

COMMENT

七瀬 URL @
03/19 15:16
. どんなメールだった?
Yonda? URL @
03/19 20:09
説教したくないが. 

「どんなメールでしたか?」でしょう?

まあ、匿名のあんたのようなメールでしたよ。








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/6982-0706390f