FC2ブログ

力を抜いて映画を見ると

わたしほど名作戯曲、名作脚本を勉強として趣味として
読んだものはいないだろうが(おそらく)、シナリオはものにならなかった。
いまはもうシナリオにあらぬ邪心がない。
自分だったらこうするとか考えず、
「まっさらなこころ」(by原一男)で、ひとりの観客として映画を見(ら)れる。
そうすると意外とおもしろいのである。
ライバルとしてではなく、娯楽として映画を見ると味わいが変わる。
盗もうとか考えなくていいわけだから。
「おもしろい/つまらない」「好き/嫌い」にピュアになれる。
これは戦略として成功しているとか馬鹿な感想を持たずに済む。
そして、ネットで他人の感想を読み、人それぞれなんだなあ、と驚く。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/6916-76a440c6