FC2ブログ

大勢の人と一緒にいる

むかし山田太一さんが講演会で、
人間はたくさんの人間と一緒にいるだけで変わるのかもしれない、
と言っていたけれど、そういうこともないとは言えない。
去年なんかずっと創作小説でひとりぐつぐつ煮え立っていて、
大勢の人がいるア○ゾンの倉庫や、
ほぼプライバシーがない板中の大部屋に入って、
なにか憑き物が落ちたところもあるのかもしれない。
作家の春日武彦さんが、
精神科の医者なんてめんどうくさいことをやっているのは好奇心に尽きる、
と言っていたけれど、すごいわかる。
いまわたしを生に引き留めているのは好奇心と快楽くらいだもの。
むかし小谷野敦さんの「退屈論」を読んで、
自分は退屈という感情がわからないと書いたけれども、
いまではわかりすぎるくらいわかる。
下世話な好奇心と卑小で卑俗な快楽くらいしか
生きている意味を見出せない。
しかし、ひっくり返せば好奇心と快楽がいかに重要かってこと。

好奇心&快楽♪

わたし、他人のことや社会のことを実体験として知りたいもん。
入院生活は快楽の正反対の不快だからいやいやいや。
好奇心は満たされた部分もある。
なんかな、おもしろくないなあ。
孤独旅の経験者は知っているだろうけれど、
トラブルって本当はおもしろいんだよね。
少なくとも退屈とか考えていられなくなる。
八王子体験もなんだかんだいっておもしろかったもの。
へえ、人間ってこうなんだという、そのね、発見が。
なーんか、なまのものを見ちゃったよって感じ。
人間のいじましい虚栄心、とめられない征服欲、恥ずかしい誇大感。
八王子さんの人生にとっても、
後年ふりかえったらめったにない楽しいことだったと思うんだよね。
血潮が沸き立つような感情体験をしたわけだから。
その料金として、あれはそんなに高くないと思うのは世間知らずか。

COMMENT

あばばばばばば URL @
01/24 19:33
. ヤンゴンで土人に所持金を巻き上げられた体験も「あれは面白かったのだ。俺はいい体験をしたのだ」と無理やり認知を歪曲しなければ正気を維持できないだろうな。だが、それは自己欺瞞だ。








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/6760-1ffea59f