FC2ブログ

「破地獄偈」

「破地獄偈」(由木義文/「よくわかるお経の本」/講談社) ※再読

→二相(相対)を超える。河合隼雄の好きな華厳経の教え。

1.自分とはなにか? 善悪、正誤、損得である。
2.自分とはなにか? 自己愛、自尊心である。
3、自分とは、自分の善悪、正誤、損得。
4.自分ではなく、世間ばかり見てきた人は自分の善悪、正誤、損得がわからない。
5.他者と向き合って自分の善悪、正誤、損得がわかる。
5.このとき人は人、自分は自分とはならない。
6.自分は正しい。自分は善人。このため自分は損していると考える。
7.相手は誤り。相手は悪人。相手ばかり得している。
8.どうしたらいいか? 善悪、正誤、損得の白黒をつけよう。
9.刑事告訴だ。刑事告訴は二分法志向の究極。自分は悪くない。
10.正義のためならなにをしてもいい。相手の近親者にも親切心から連絡する。

こうなってしまった場合、相手を刺激しないのがいちばん。
相手は常に善で正、損をしていると思っているんだから。
こちらがなにを申し上げても悪で誤謬、得をしたいんだろう?
お経の「破地獄偈」を唱えても意味がない。

「若人欲了知

三世一切仏

応観法界性

一切唯心造」


「もし三世の真理を知りたいなら、世界は心のみと観てください」

・あなたも悪くないし、わたしも悪くない。
・どちらが正しいともいえない。それは仏さまにお任せしよう。
・世間的価値観を捨てて、善悪を捨てよう。自由になろう。
・あなたもわたしも仏さまってことで。とりあえず、そういう感じで。
・自他の二相(相対)を超えられませんか?

↓なにか1冊お経の本を買うならこれ↓

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/6626-3f3b73b8