FC2ブログ

刷り込まれた勧善懲悪

今回わたしが19年ぶりに(ご依頼いただき)書いた仏教小説は勧善懲悪を崩している。
悪がのさばっちゃって善がいわゆる精神病院おくりで、最後は仲良く握手するっていう。
おそらく書きたかったことのひとつは「善も悪もない」。二相(相対思考)の克服。
このため意識的に小説内に3という数字を多く使っている。1でも2でもない3。
1.出版されるか?
2.読者さまに読んでいただけるか?
3.売れるか?
売れないと金が入らないから困るんだよお。売れないことはわかっているのだが。
この小説の創作には1年かけたが、
わたしが開口一番いったのは「いま無名の人の小説なんて売れませんよ」。
それでもいいとおっしゃってくださる奇特な人が世におられるのは宗教的奇跡。

COMMENT

善蔵 URL @
07/18 18:40
. 私小説以外でという依頼だったらしいが、ズレた依頼主だね。きみのような特異な体験をしてきた人の私小説が面白くならないわけはないじゃないか。








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/6397-97f2b897