FC2ブログ

自分が絶対に正しい

うちは父母ともに口ぐせは「自分が絶対に正しい」であった。
父は「生長の家」、母はプロテスタントだったか。両者、自分は絶対に正しい――。
言い換えたら、あるひとつの真理や真実が存在する――。
あんたらが別居するのはいいけれど、仲介するわたしの立場はどうなる?
数日まえ、だれにも読んでもらえぬ小説めいたものを書いたが、
「自分は絶対に正しい」から「どっちだっていいじゃん」
への転換点で小説が退屈になっているというご指摘を受けて、そうかあと思う。
あらゆる人があらゆる小説を読んで、
この感想は「自分が絶対に正しい」と思う(もちろん私も含めて)。
そしてそれは極めて正しい。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/6386-4c0a9e40