FC2ブログ

呼ばれているのか?

秋葉原から呼ばれているのだろうか?
たしか今月の28日に秋葉原で精神科医で作家の春日武彦さんのトークショーがある。
行きたいのはやまやまだが、ある約束の直前なので決めがたい。
もう定員70人が埋まっているかもしれない。
秋葉原は銀座とおなじで大嫌いな街で、どうしてかいつも道に迷う。
郵便ポストは見ないほうである。
ヘタをすると1週間くらいチェックしないことも少なくない。
どうせDMと板橋区の税務署からしか来ないとたかをくくっているわけだ。
久しぶりに郵便ポストを覗いたら、またもや春日武彦先生からのプレゼントが。
単行本のあれが中公文庫に入ったんですね、おめでとうございます。
精神病的妄想をふくらますと、これは春日先生から秋葉原に呼ばれているのだろうか?
僕は40を過ぎてそういう脂っこさはかなり消えており、
春日さんを教祖だとも思っていないし、独占したいとも、人生相談をしたいとも思わない。
ぜんぶぶちまけた医療相談はしてみたいが、そんなことに関わる儀理は医師にはない。
だって、それは春日武彦さんの本を読んだら、そういう人だってわかるでしょう?

今回はもうはっきりと礼状を送らない。
春日さんって礼状とかをベタベタしたものに感じいやがるタイプじゃないかなあ。
文壇で威張っており三島が死んだときには、あたかも鬼の首を取ったかのように
「ざまあみやがれ(死人に口なし)」
を雑誌連載でしつこく書いたのは山口瞳(男性作家)だが、
サントリーでうまくやった直木賞作家はテレビライターに過ぎぬ山田太一に
新刊をすべて送ってきてくれたそうである。
山田太一のほうは自分なんか若輩が、と悪遠慮して自著をいっさい送らなかった。
たまに礼状で感想を書くにとどめたという。
サントリー出身の山口瞳はお仲間とつるむのを好んだ。
山田太一はそこまでつきあいに盛んではなかったが、
朝日賞まで取ったのならその方面の才能が皆無だったとは言えまい。
山田太一の配下にはまったく意図せずして狂信的な取り巻きが大勢いて、
僕なんかは10年まえに古株の親分から嫌われ(匿名)、
強制追放され、以降は彼の掲示板に本名でなにかを書き込んでも削除される。
いまでは人間も人生も、そんなもんだと思っているからさして恨みはない。

ありがたくも早速、春日先生の文庫版あとがきを拝読致しました。
最初にこれを出すまでこぎつけた朝日新聞出版の編集者も、
今回の中公文庫版の編集者も優秀ですよ。もっと出しちゃえ、出しちゃえ。
文庫本解説者の文章のどこが「味わい深い」のかわからなかったのは、
僕の精神的未熟だろう。今後の課題である。
精神科医の春日武彦氏の本は先生のご助力もあり9割5分以上読んでいる。
その春日武彦マニアの僕が断言しますが、
「老いへの不安」は読者のこころに根源的な不安をもよおさせる、
決して付け焼刃で書かれたのではない名著。
くだけた言い方をすれば春日さんの持ち味がよく出ていて、
僕のなかにある春日武彦ランキングではかなり上位に位置する。
8年のときを経て違う出版社から再刊される文庫はめずらしいのではないか?
それがこの本のよさを証明しているとも言えよう。
私的脳内統計だと「本の山」の読者さまは60歳前後が多い気がする。
「老いへの不安」は持ち運びやすい文庫になったことでさらにおすすめであります。
このまえはじめて(ガクブルで)行った六本木のディスコで醜形恐怖症の僕が、
見知らぬ幾人もの女性からスマホで顔写真をパシャパシャ撮られたが、
まだ春日武彦先生には顔バレはしていないはず。どうなる秋葉原。
忙しいっていうか「ギリギリ」を待ちながら、
古今東西の短編中編名作小説を精力的に読んでいますね。
いざとなったら土下座。

DSC_0189.jpg

文庫化おめでとうございます。中公文庫は学術書ですよ幻冬舎文庫とは異なり。

DSC_0190.jpg

ヤマトで来ると会員だから前日に情報がメールで来ますが、スマートレター?
これって郵便局なんですか? 世間を知りません。気づくのが遅くて申し訳ありません。
洋泉社は丁寧な編集者さまの挨拶状がありましたが、中公は……格式が高いのでしょう。
どちらの会社にもありがとうございます、ありがとうございます。
とくに春日武彦先生、本当にありがとうございます。
単純な善意とか信じてベタベタ致しませんからどうぞご安心ください。
春日先生の字ってむかしの女子高生の丸文字みたいでかわいい。

DSC_0191.jpg

(関連記事)
「老いへの不安 齢を取りそこねる人たち」(春日武彦/朝日新聞出版)

COMMENT

ぼのぼの URL @
06/17 23:37
. いがらしみきおの字に似ている。
Yonda? URL @
06/25 16:13
ぼのぼのさんへ. 

顔と書く字を見たらかなりわかるところがあります。








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/6323-18ebfdbd