FC2ブログ

太宰は舌ペロ

まあ、なんというか、本物は本物を知るというか、偽物は偽物を知るというか、
太宰治文学は舌ペロ。あれは書いた本人は舌ペロするしかなかったはず。
舌ペロを真に受けた女性に心中を仕掛けられたのは太宰の宿命で、それは業。
太宰は舌ペロがどこまでもおもしろいし、あの時代にあれをできたよっていう天才話。
しかし、太宰って悪いよなあ。どれだけ多くの人を舌ペロで騙したのだろう。
書いた瞬間にその直後に舌をペロッと出したくなるのが太宰治の文学であった。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/6229-53e2e68d