FC2ブログ

ガチとヤオ、真実と虚構、本当とウソ

いま気づいた「本当のこと」を書いてしまうと、プロレスで、
前田日明が長州力の顔を背面から蹴って
大怪我させたのはプロレス(虚構)ではなかったか?
根拠は天龍源一郎の顔面キック。
顔を蹴ったくらいで、眼底出血、うそうそ白々しい。
あれはチョンとチョンのトラブルで、
バックがヤバかったから前田を休養させたのではないか。
根拠はまだあって、これはプロレスを知っている人に僕がよくする目撃談だが、
新日、両国のトーナメントで天龍と蝶野さんがやったとき、
99%闘魂三銃士の蝶野さんが勝つブック(シナリオ/取り決め)だったのに、
天龍の顔面キックで蝶野が情けなくも失神してしまい、場内が混乱したこと。
僕からしたら天龍ファンなので、天龍の試合が追加で見られるのでお得だったが、
あのときの空気の乱れ(カオス)は、
「あんたは空気を読めない」
とシナセンのお偉方から何度も大声で怒鳴られた僕でもわかった。
長州と前田のあれは医学的な問題ではなく、国際関係的な問題で、
わかりやすい演出のために医学が利用されたのではないか。
「本当のこと」をいうと、前田が長州にやった顔面キックなんて、
心の師・天龍源一郎さんがいくらでもやっているし、全女では日常世界である。
前田日明は存在自体がガチンコ(虚構/真実)。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/6036-abe56567