FC2ブログ

だれがいちばん悪いのか?

女子プロレスのいじめの話をしよう。
ブログ読者さまのひとりも意味がわからないかもしれない。
僕は悪い女の子フェチという病気があって、
女子プロレスでだれがいちばん悪かったのか興味がある。
井上貴子選手が、
自分よりもはるかにかわいい府川唯未選手をいじめていたというのは常識伝説。
府川唯未選手はいじめられすぎて根性が若木のようにまっすぐ(?)曲がり、
長じては自分も後輩いじめをするようになったとか。
(以下、めんどうくさいので「選手」づけをやめる)
豊田真奈美やチャパリータASARIはいじめもしないし、いじめられないキャラと見た。
ダンプ松本やアジャ・コングはあたまがおかしくなるほどいじめられただろうが、
そのぶん、自分はいじめをしないキャラ。
山田敏代はあれは愛されキャラで男からも女からももてたのではないか。
ブル中野さんはガチンコで怖い。
大向美智子もいまならわかるが本気で怖い。
タバコの煙をスパーっと顔に吐き出されたら土下座しかねない。

政治家の神取しのぶさんは、おそらく女子プロレス史上最強で、
天龍源一郎も認めたくらいの男の中の女である。
工藤めぐみの旦那さんがおなじレスラーの非道なのは闇の深さを感じる。
若いころのキューティー鈴木はもっとも完全な美少女レスラーだったのではないか。
かわいい子は性格がゆがまないのが一般社会だが、
女子プロレスではかわいい子ほどこれでもかと先輩からいじめられ、
どこまでも根性が悪くなるらしいのでまったくおもしろい世界だ。頼もしい。
むかしの全女とかすごかったんでしょう?
入場シーンでは水着のわきからおっぱいを触ってこようとする男客が大勢いて、
新人の役目はそいつらを引っ張りだし裏で腕立てとか屈伸とか泣くまでやらせる。
いまでは信じられない世界がむかしの全日本女子プロレスにはあったのだろう。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/6027-f47aef25