FC2ブログ

ハブ酒の味

昨日、お土産でもらった沖縄のハブ酒とかいうわけわからないものを、
せっかくだから早く感想を言ったほうがいいのかなあ(このへん世間知らずゆえわからん)、
とロックで飲んでみたのだが、瓶に本当のハブが入っているのが頼もしいとも怖いとも。
味は高級ウイスキーに近く、決してつまみが食べられない、それだけでしか飲めない酒。
食前酒か食後酒にしかならない。滋養がたっぷりの味がする。
命を感じさせる味で、男として命として女を求めてしまいたくなる味。
一気には飲めない怖い味。やるかやられるかの味がしたアルコール度35度。
正直、いま女への関心が下がっているのだが、命の味に気づいたかなって感じがする。
僕、インテリだからなあ(どの顔をして言うか! ばかやろう!)。
やっぱり女体にむしゃぶりつきたいなんて性犯罪的なことを考えた。
やはり興味の関心は「なんぼやの?」にあるわけで(お礼の問題もある)、
金額を調べたらなまのハブ入り800mlで1万円のものとしか思えない。
僕さ、最高の売価の高い飲んだ酒って4千円くらいだよ。
価格を調べないで飲んだから、純粋だったのかもしれない。知っちゃうと怖すぎる。
僕は基本的にどの人の話も、その人が生きている物語として拝聴するが、
彼の自称収入でこれはないだろう。
昨日、僕は彼の期待に答えられたという自信がまったくない。
バックがいそうだなというのは最初のときから察知したが、
それは踊り念仏の寺だったから創価学会ではないだろう。
2回目は原一男教授との再会であんなメイクドラマをできるのは、
よほどのブログのファンだろう。
若い彼にできないとは言えないが、あれはもっとおとなのバックがかならずやいる。
そんなもん創価学会しかないのだが、最初が念仏のお寺だからそうではないだろう。
わかんないよな、この人生。そこがおもしろい。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/5981-aad38e64