FC2ブログ

きょうだいの真理

きょうだいは両親とともに選べないわけで、その偶然に仏意や神意が現われる。
僕がはじめて会った人に聞くのはきょうだい。
職業とか年齢を聞いちゃうと差別(失礼)になるが、
きょうだいは質問してもいまはまだセーフ。
女のひとりっ子はいいけれど、男のひとりっ子はもうまるっきり世間を知らないね。
まだあるのか知らないが中国のひとりっ子政策はかなり国力を弱めたのではないか。
きょうだいが強いのは親の愛を求める競争と、
しかしきょうだいならではの血の連帯を知ることができるからだろう。
きょうだいでコンビを組んで親に逆らうとかもできる。
同性きょうだいはひとりっ子よりも辛い面があるのではないか?
どうしても勝敗がついてしまうのが兄弟、姉妹。
同性だとおなじ分野で競争して、それがプラスに出る場合もあるが、
マイナスに出たら哀しい。
兄妹、姉弟のきょうだいはいちばん世間的に賢い組み合わせのきょうだい。
兄弟の喧嘩はどこまでも暴力的で、姉妹の喧嘩は陰湿で後を引きそうだが、
兄妹、姉弟のきょうだい喧嘩はどこか悪ふざけのお芝居っぽさがある。
個人的な感想では、兄兄妹の末の女の子なんて、
かわいがられて育ったため性格はいいし、
男のバカさを知っているのでこちらも飾らなくていいし、
機転がきくし、ちょっとドジだし、選べるのなら兄兄妹の女性だろう。
少子化といわれるが、いまはきょうだいが少なくなったのではないか?
ひとつ裏知識を披露すると、創価学会の家の子は、
教義教学がそうなっているわけでもないのに子だくさんが多い。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/5965-b3df3912