FC2ブログ

「聊斎志異の怪」

「聊斎志異の怪」(蒲松齢/志村有弘訳/角川ソフィア文庫)

→半年まえくらいに読んだ江戸時代の中国の短編小説集(小話を集めたもの)。
芥川や太宰がここに書かれている物語をモデルにして小説にしたことで知られている。
角川文庫版はその「聊齋志異(りょうさいしい)」原文も、
芥川や太宰の改変版も載せられていてお得だが、
おもしろいかと問われたら意見がわかれるところだろう。
「聊齋志異」は殺人(他殺)や自殺、幽霊、強姦(レイプ)の話でモリモリだが、
どの人物も懲りていないところが中国らしいというか、前近代的というか。
ふつう人を殺したりしたらちょっとくらい罪悪感をおぼえるだろうがそれがない。
自殺しても、へえ、あの人死んだのくらい話。
レイプされても、まあ、減るもんじゃないしとまったく悩まない。
いざ死んでも幽霊として化けて出てやるからな、という世界観。
男が美女を犯したがるのは自然だし、男が金のために人を殺すのも自然で、
そういうことにいちいち罪悪感をおぼえないナチュラルな人たちが多く登場する。

さいわいとは美女に愛されることだし、
大金を稼ぐことだという価値観がまったくぶれていないのが新鮮とも、
いまの常識感覚したら粗悪だとも、どちらとも言える。
またまた問題のあることを言うと、レイプやストーカーをできる男は英雄で、
どうしてそんなに欲望が強いのか、自分のことしか考えられないのか不思議だが、
それが中国の庶民的かつ現実的な強さで、
そういうシナ大陸の野蛮な健康に西洋インテリぶりたがる、
世間をまったく知らないがしかし、学識はある若年の芥川や太宰は完全降伏して、
そういう日本古来の大陸的男根女陰のパワーをモデルに
近代文学を構築しようとねらった短編が本書に掲載されているが、おもしろくない。
若くして出世した芥川や太宰の世間知らずの弱さがわかる1冊である。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/5939-a9061561