FC2ブログ

約束を守らない挙句の果て

恥ずかしいことを白状するとこんなことは数年に1回もない話なのだが、
昨日寝過ごしてしまい派遣仕事に遅れそうで非常にあせった。
どうにかして約束を守ろうとタクシーの使用さえ考えたが、
バスがうまくきて始業20分まえには現場に到着した。
かの派遣会社はそういうことに馴れているのか、さらさら慌てていなかった。
昨日の今日でいま考えると、約束はそこまで守るべきなのだろうか?
派遣会社は今月に入り二度も約束をキャンセルしている。
どちらもメールが来ているから証拠が存在する。
挙句が今日の昼になっての明日の約束のキャンセルである。これで三度目。
非常に不服ですと伝え、「そんなことをしてなんとも思いませんか?」と問うたが、
派遣会社の人はそれがこの業界だと思っているようだ。
約束なんていくら破ってもいいのが派遣の世界だ。

で、さっき18時まで勤務という約束が破られたわけだ。
問い合わせをしたら何人もの派遣会社の社員さんを電話でたらい回しされたが、
約束を守らないことを不可解に思うわたしを理解できないようだし、
金儲けの仕事とはそういうものだろうが罪悪感もまったくないようだ。
たとえば「明日はキャンセルです」といえば約束なんかいくら破ってもいい。
いったい約束を破る仕事を継続していると、どこまで精神が荒廃するのだろう。
金曜日も仕事の約束は入っているが、前日キャンセルもあるらしい。
もしかしてわたしが間違えていて、
約束というのは派遣会社のようにいくら破ってもいいのではないか。
昨日寝過ごしたときなんか、
「まあ、いっか」と「風邪を引きました」とでも約束を破ればよかったのかもしれない。
しかし、約束を守らないと、どんどん心が荒んでいくのではないか?
いや、それは性善説の甘い考えで、約束なんていくら破ってもいいのかもしれない。
この年齢になってもいくらでも学ぶことは世間にあふれている。
そちらは約束を何度も破るのに、こちらには約束を絶対順守しろというのはおかしいが、
それは世間知らずの言うことで、世の中はあるいはそういうものやもしれぬ。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/5810-a21a3e3a