FC2ブログ

救うは騙す

他人を救うことはできないが、他人を騙すことならばできるような気がする。
たとえばあなたは美しいとか、本当は優秀なのよ、
という言葉は嘘でも相手を喜ばすだろう。
わたしも「土屋さんは大器晩成なんじゃないかな」と言われ、
それはおそらく事実ではないが、ちょっぴり救われたものである。
さすがイケメンは他人を喜ばす言葉を知っているとニヤリとしたものである。
結婚詐欺というのはばれるまでは相手を救っているわけだ。
女はバラ色の結婚式を夢見て幸福なことだろう。
男だって高い宝石をいくつローンで買わされても、
女とのロマンを夢想しながら決して不幸ではないだろう。
投資詐欺も真実が露見するまでは被害者は幸運に打ち震えていることだろう。
なにが詐欺でなにが真実かも実はわからなく、
結婚して10年後に詐欺に遭ったと感じる男女もいることだろう。
救われたいとは騙されたいということなのかもしれない。
南無妙法蓮華経と唱えたら夢がかなうというのは詐欺であり救済であり、
死ぬまでそれを信じていたら男女は幸福だろう。
南無阿弥陀仏と唱えたら死後浄土に往生できるというのもおなじで、
真実は死んでみないとわからないことだが、
そう信じて生きているのは詐欺に遭っているとも救われているとも言える。
ここでポイントになるのはお金で、
南無妙法蓮華経や南無阿弥陀仏に異常なほど散財するのは、
いいのか悪いのかわからない。
本人がそれで救われているなら、それほど悪くないとも言える。
結論として真実よりは嘘のほうが人を救うということは言えるのではないか?
妻の本当の経験人数など知るものではない。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/5747-4cb2d5b6