FC2ブログ

桜桃忌とモツ煮込み

太宰がもしいま生きていて売文稼業をしていても、
すぐさまネットで「本当のこと」をばらされ、
バクハイ3杯あたまをゆすられたような酩酊感、二日酔いとともに、
くだらぬ家業に戻って大損失を出し、
周囲からあざけりの大笑いを受けたことだろう。
長じてからも永らくモツ煮込みを口にすることがなかった。
モツ煮込み的なものを父母が嫌っていたという理由が多きかろう。
はじめて口にしたとき、こんなうまい酒がいけるつまみがあるのかと思った。
四捨五入して30になっていたときかもしれない。

こちらが勝手に友人だと思っている大宮の59歳の派遣で知り合ったAさん。
彼と最前、激安の食べ放題、飲み放題に行ったとき、
以前にはないモツ煮込みがあり、バイキング形式で取ってくるとなかなかうまいので、
ひと口いかがですかとヤクザ業界にもお詳しい彼にすすめると、
モツだけは食べたくないとかたくなに拒否された。むかし食べ飽きた。
なにかがわかった気がした。
ローソン100(すべてほとんど百円)のレトルトのモツ煮込みはレベルが高く驚いたが、
春到来とともに消えた。
また飲みましょう、いろいろ教えてくださいという意味を込めて、
「友人」の59歳派遣のAさんにエーユーから伝文したのはいつだったか。
返信はまだ来ないが、このくらいのスピードがモツ煮込み時代の感覚だろうと思う。

太宰の短編小説「恥」は本当に恥ずかしい。

COMMENT

蒟蒻閻魔 URL @
06/20 10:16
. 奥野健男が「後味が悪い」と貶していた作品ね。

奥野自身が太宰の作品と生活を混同するタイプだから、それで「恥」をくさしたんじゃないかな。
Yonda? URL @
06/21 18:09
太宰はいい. 

あいつネカマの元祖というかプロよ。








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/5368-adb27e9d