「人が恋しい西の窓」

「人が恋しい西の窓」(山田太一/文学座上演台本/早稲田大学演劇博物館所蔵) 非売品

→2002年に文学座で上演された芝居台本。
読書しながらメモをする癖があるが、「わからない」の連発である。
山田太一さんはたまにこういうわからない作品を書いちゃうんだよなあ。
こじつけて話をすると、わからないといえばなにもわからないわけでしょう?
我われは両親を父だ母だと思っているが、本当はそうではないかもしれない。
母親は自分が産んだ子をわかるが、父親は自分が父親かはわからない。
DNA鑑定したらわかるのだろうが、
そんなことをしたいと言い出したら夫婦関係に一生の禍根を残すだろう。
夫婦関係だってわからないといえばわからない。
もしかしたら相手がずっと不倫、浮気(本気)をしているかもしれない。
そもそもみんな大事にしている家族だってフィクションと言えなくもない。
一緒に住んでいれば家族になってしまうようなところがある。
「人が恋しい西の窓」は女房に逃げられ職を失った53歳の孤独な男が、
45年ぶりに父親と再会する話である。
あろうことか、ひとりはさみしいだろう、一緒に住まないか、といったようなことを言う。
男はずっと自分は父親から捨てられたのだと思っていた。
しかし、事実はそうではなく、本当は母が悪かった。
男は、母親が(父とは別の)村の有力者と関係を持って生まれた子なのである。
父は年々息子の目が間男に似てくるのがいやで息子が8歳のとき家を飛び出した。

よく考えると、ホラーめいた構造がなくもない。
うちも父と母の仲が悪くて、あいだに挟まれ苦しんでいた。
わたしは母の味方だったが、母の自殺後に日記を見たらなんだかおかしいのである。
母は自分の病気をうつ病と言っていたが、じつは重度の精神病であった。
いままでは母が正義で、父が悪いと思っていたが、そうとも言い切れないのである。
夫婦ってわからない、親子もわからないと思う。
わたしは父と一緒に暮らした時期がほとんどないが、
それでも法律上はあの男しか父のようなものはいない。
「人が恋しい西の窓」では血縁上は父子ではなかったふたりが、
これからも親子を演じていこうというような話のまとまりを見せる。
なんだかよくわからないお芝居だったので、感想をわかりやすくというわけにはいかない。

「なんとまあ、人生は、言葉ひとつで簡単にひっくりかえりますね」(P117)

自分の仇敵だと長年信じてきた人が正反対の恩人だったりするのが人生なのである。
もっとも愛し愛されたと思っていた人が一夜をさかいにして相貌を変えることもある。
「オイディプス王」ではないが我われの目にはじつはなにも見えていないのかもしれない。
本当のことは知ればいいというものではないが、本当のことは重い。
我われは本当だけでは生きていけず嘘を必要としているが、本当のことは重い。
嘘のような本当も、本当のような嘘も実人生にはあふれている。
あまりにも嘘っぽいことが実際は本当で、いかにも本当らしいことが嘘の場合もある。
山田太一ほど本当と嘘の微妙な関係を娯楽作品として極めた劇作家はいまい。

COMMENT

小山内彩夏 URL @
08/19 17:06
. 山田太一の評伝を書いて出版社に持ち込んでみたらいかがですか。

土屋さんは人に逢うのが苦にならないようですから、取材も捗るでしょう。
Q URL @
08/20 10:08
もしよろしければご教授いただけますか. はじめまして、Qと申します。
ブログからいろいろ刺激を受けています。
下記は東京大学の過去問です。
もしよろしければ土屋さんの解答をお教えいただけますか?
勝手なこと言ってすみません。よろしくお願いいたします。
不適切なCOMMENTでしたら無視でOKです。

次の二つの詩は同じ作者の作品である。
二つの詩に共通している作者の見方・感じ方について各自の感想を一六〇字以上二〇〇字以内で記せ(句読点も一字として数える)。

「積もった雪」

上の雪
さむかろな。
つめたい月がさしていて。

下の雪
重かろな。
何百人ものせていて。

中の雪
さみしかろな。
空も地面(じべた)もみえないで。


「大漁」

朝焼けだ小焼けだ
大漁だ
大羽鰯の
大漁だ

浜は祭りの
ようだけど
海のなかでは
何万の
鰯のとむらい
するだろう。
Yonda? URL @
08/20 11:09
小山内彩夏さんへ. 

生意気を言いますが、依頼されたらやれますが、持ち込みは……。
Yonda? URL @
08/20 11:13
Qさんへ. 

ギャラはなんぼでっか?
東大に落ちた当方の解答例に意味はない気がします。
なんかどっちもうさんくさい庶民礼賛の詩のような……。
いかにも出題者のインテリが庶民ぶっているような……。
ごめんなさい。
Q URL @
08/20 23:32
お返事ありがとうございます. すみません、ギャラは出ないです^^;
いきなり「問題解いてください」なんてことCOMMENTしてしまい、ほんとうにすみません。
どちらの詩も日本語として読めるし、意味の分からない単語もないのですが、いろいろ考えても共通しているものが分かりません。
気長に考えてみます。
Yonda? URL @
08/20 23:35
Qさんへ. 

「答えなんかない」という「答え」にQさんはいつお気づきになるのか?








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/4949-1363c77c