がんがんガガーン

今日聞いたところによると、どうやらがんではない模様。がんではないっぽい。
先月末とか41年生きてきていちばん体調が悪かった。もうすぐ死ぬかと思うくらい。
ここで重大な問題に突き当たる。
痛いや苦しいは主観(自己申告)で、決して客観化(数値化)されるものではない。
痛苦、苦痛に強い人と弱い人というのがございますでしょう?
強い人は本当に強くて、
麻酔なんか不要とばかりにガリガリ、ギリギリ、ジキジキをばっさりやり過ごす。
ほら、すぐに痛み止めをのむ人と、薬嫌いの頑丈な人にわかれるじゃないですか。
ぼくは平均的にみなが1くらいに感じる苦痛や不調を、
あろうことか9くらいまでレベルアップして泣きながらジタバタする弱性男子だから。
今月は、もうこれはがんだろうとガクブル、不安のかたまりであった。
がんならばどうか末期で見つかってくれと。
確率的にはわが年齢におけるがん罹患率は低いが、
ぼくの周囲では確率的にありえないことがプラスもマイナスもどちらとも多発しております。

がんほど怖い病気はない。
こちらは、ひろさちや&近藤誠のがん放置派閥にいちおう所属しているつもり。
がんにならない唯一の方法は、がんが見つかる検査をしないこと。
願いはきつい闘病なんてしないで、
ある日末期がんを宣告されぼんやり死んでいけたら――。
胃カメラ(内視鏡)とかCT検査を受けたら、
へたをするとがんが見つかるではありませんか?
いきなり初期のがんだと言われても、保険にも入っていないし独り身だし、
どうしたらいいかわからないので困っちゃう泣いちゃう。うえーん。ぐすん。
胃カメラ(内視鏡)のなにがいやかといったら、とんでもなく苦しそうなところ。
CTのなにがいやかといったら、きちがいめいた高額なところ。
どちらとも、がんが見つかりかねないところがいやいやいんや。
どうして高額料金を支払って、
知らなければいい情報(がん)と向き合わなければならぬのか。

結果を簡潔に書く。
異様なほど苦痛に弱いぼくだが、胃カメラはまったくしんどくなかった。
かえって鎮静剤(ぶっちゃけ医療用麻薬っしょ?)のおかげで、
かつて経験したことのない至福の状態でしばらく天国にいた。
まあ、これは天下の慶応大学病院だったからだと思う。
慶應病院の胃カメラ(内視鏡検査)は超優秀で、臆病で痛がりなぼくでも楽ちんだった。
金額は7250円で、想像していたよりも高かった。
しかし、慶應病院の胃カメラはバッチグウ。
はじめてで不安と脅えから泣きそうになっていたぼくの肩をさすってくれたナースさんには、
暖かな医療(遠藤周作!)ここにありといまでも感謝している。
ぶっちゃけ町医者の胃カメラ5千円と慶應の7千円なら、
いまでは迷いなく大学病院を選択する(KOはGOOD)。
慶應大学病院の胃カメラは苦しみや痛みに弱いぼくでも大丈夫でした。
白状すると、胃カメラだけでよく、CT(検査)は不要と思っていた。
だって、CTは高いし、うっかり小さながんでも見つかったらどうすればいいの?

ぼくは基本的にチキンというか、パンダのごとしで弱いから。
1の痛みを8や9まで盛り上げて悲壮な顔で体感するのがぼくぼくぼく。
CT検査は逃げようか(キャンセルしようか)だいぶ迷った。
というのも、高いお金を支払って、がん闘病に追い込まれるなんていやじゃないですか?
詳細を聞くのはあさってだが、どうやらCTも大丈夫っぽい。
意外だったのは高いと思っていたCTが胃カメラ(7250円)よりも安かったこと(5250円)。
はいはい、ええそうです、医者をなめていました、どこかで。
しかし、こうなってみるとお医者さんやナースさんにあたまが上がりません。
今月のはじめは死ぬかと思うほど苦しゅうございました。
酒なんか一滴も体内に入れたくない状態は人生初の感覚で驚いたしだいであります。

COMMENT

伊早坂ちひろ URL @
08/01 02:49
. あまり長いこと更新がなかったので、何かあったのかと心配していました。ご無事で何より。

これからも面白いツチヤ節を読ませてください。
Yonda? URL @
08/01 21:06
伊早坂ちひろ さんへ. 

おコメントほんとうにありがとうございます。

> ご無事で何より。

無事(なにごとも起きないの)は退屈とも言えるわけでして……。

> これからも面白いツチヤ節を読ませてください。

面白いことは、あたまから危険へ突っ込まないと書けまへんがな……。

> 何かあったのかと心配していました

間違っているのでしょうが、ほんとうの「心配」は、危険を恐れず当方にダイレクトにかかわってくださることだと思います。間違っているのでしょうけれど。ネットはしょせんネットで、どこからどう判断してもリアルの百分の一以下。ネットよりもリアルが好きです。テレビ新聞ネットの間接情報よりも直接体験を重んじております。

ひねくれていて、ごめんなさい。








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/4921-04725681