負ける強さ

長らくもう引退したプロレスラー天龍源一郎の大ファンだった。
天龍は負けるのがうまいのよ。負けっぷりがいい。
それはレスラーだって人間だから、勝っていいポーズをしたいに決まっている。
人一倍そういう負けん気が強い人がプロレスラーになると言っても過言ではなかろう。
プロレスは勝敗のあらかじめ決まった即興演劇(ジャズ的エンターテイメントショー)。
東スポで年間ベスト試合というものが年末発表されるが、
天龍が負け役になったベスト試合はかなり多いのではないか?
天龍源一郎は本当に強いから、いざとなったら負け役ものめるのである。
プロレスでは強いやつが勝つとはかぎらず、
本当に強いこころを持った漢(おとこ)が相手を光らす負け役を正々堂々演じるのである。
人生負けてばっかりなのは10歳のころから天龍源一郎のファンだったせいだろうか?
大敗はシナリオ・センターであろう。
いまひさびさに2ちゃんねるのスレッドを見てみたら実名個人攻撃がすごい。
既得権益団体、新井三代シナリオ・センター集団に大敗していたことに気づいた。
寄らば大樹の陰。そう考えるのが常識というものだろう。
願わくば、わたしの負けっぷりのよさをご評価くださるかたがひとりでもいらしたら。
思えば人生で大勝利(@創価学会)どころか小さな勝利でさえおさめたことはない。
大勝利したシナリオ・センター経営陣はいまなにを思うか。
小さな勝利さえ知らぬ男には想像もできぬことだ。
シナセンはもう8年もむかしのことなのに、
いまだに負け役、悪役を無償で引き受けている。
わたしは正義のシナリオ・センターを引き立てるブラック・レジェンドと
言えなくもないのだろう。
「あんたはなにをしても絶対にダメよ」
そう言って高笑いしたシナリオ・センター二代目社長のお言葉の正しいことと言ったら!

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/4905-a52b4619