「世界最悪の鉄道旅行 ユーラシア大陸横断2万キロ」

「世界最悪の鉄道旅行 ユーラシア大陸横断2万キロ」(下川裕治/新潮文庫)

→「世界最悪の鉄道旅行」だからいいのである。
これが「天国の鉄道旅行」だったら、だれがそんなものを読みたがるものか。
他人が快適効率的合理的経済的に旅をした記録なんておもしろくもなんともない。
「世界最悪の鉄道旅行」だからおもしろい読み物になるのである。
いまの旅行者は、どれだけ快適に効率的かつ合理的かつ経済的に
観光地をまわることしか考えていないと言ってもよい。
そんなもんは旅じゃねえぜ、
というベテラン旅行作家のたましいの叫びが聞こえてくる。
どうやらユーラシア大陸を横断する最適な方法は古臭い鉄道ではなく、
ところどころでバスを織り交ぜたほうが時間節約にもなるし経済的らしい。
にもかかわらず著者は「世界最悪の鉄道旅行 ユーラシア大陸横断2万キロ」を敢行する。
あっぱれ57歳である。
たしかこの本の見込み収入は百万くらいだと書いていた気がしますが、
41歳はとても真似できません。

しかし、これは旅ならぬ人生にもおなじことが当てはまる。
自分をふくめていまの日本人は快適かどうか、効率的合理的かどうか、
経済的かどうか(お得かどうか、損はしていないか)ばかりを考えて生きている気がする。
それってつまらないんじゃな~いという思いが読後、胸の底からこみ上げてくる。
大して役にも立たない無駄なことを無理と知りつつムラがあっても仕上げるおもしろさ。
そういうことのたいせつさもベテラン作家の旅行記から学ぶ。

ほかにもいろいろ本書を読みながら思ったことがある。
むかしから知っていたが著者はとにかく中国人が嫌いなんだなあと。
それは中国人からされたことを読めば了解可能範囲内なのだが、
わたしは1ヶ月半の中国旅行で親切にしてもらったことのほうが多いので、
人相というか身にまとったオーラは思いのほか重要なのかもしれない。
なお、むろんのこと著者の風貌をおとしめているわけではない。
本書でいちばんおもしろかったのは、飛行機に乗り遅れたところである。
このためビザなしの不法滞在になってしまい、
カメラマンとふたり売春宿に身をひそめることになる。
このあたりの記述がとてもおもしろいのだ。
下川裕治氏といえば旅のプロのなかのプロと言ってもよい。
そんな人が飛行機の搭乗時間を間違えるはずはないと思うが、
おそらく旅行作家である著者の無意識が反乱を起こしたのだと思う。
このままではつまらない旅行記になってしまうので、ここらでトラブルを起こそうと、
著者の意識がたくらんだのではなく、
無意識がこの事態を設定したと考えると納得がいく。
自分語りは迷惑だろうが、去年社会の正規レールに乗りかかったのである。
このまま正社員になっちゃうんじゃないかという思いさえあった。
なんだかんだとレールからは振り落とされ、いま社会的信用はゼロに近い状態。
しかし、これも自分の無意識が設定したのだと思うと、自他をふくめ人を恨まずに済む。

旅行作家の著者もとにかく決まったレールに乗るのがいやなようだ。
親切な現地人が旅行の手配をしてくれたが――。

「彼には申し訳ないが、こういう旅が苦手だった。
手配されたレールに乗ってしまうと楽なのだが、どこか居心地の悪さを感じてしまう。
ぼられているのではないか……と心が揺れてしまう。
なにかというと法外な金をむしりとろうとするエリアを歩きすぎたのかもしれない。
ひねくれた旅行者だった」(P316)


「ひねくれた旅行者」である著者は賄賂(わいろ)にも肯定的である。
ここは通過できないというのは国の決めたルールだが、
そんなものはその場のトップのご機嫌いかんで、
なんとでもなることを世界旅行者の著者が知らないわけがない。
賄賂を支払えば不法入国、ビザ期限切れのみならず、
ときに秘境へ分け入ることまで可能になる。
金でなんとかなるのなら、なんとかしたほうがいいに決まっている。
この道のプロでもある作家によると、賄賂の授受にはタイミングが重要らしい。
本書でも窮地に追い込まれた著者は賄賂で乗り切れないかと考える。

「僕はタイミングをはかっていた。
賄賂のやりとりがあるときは、必ず相手からサインが出る。
意味のないバインダーを渡されることもある。
それを返すとき、裏に金を挟めという合図である。
物陰に呼ばれるときも、賄賂の要求である。
僕はそんな国ばかり歩いているので、
その種のサインには敏感なほうかもしれない」(P237)


結局、このときは賄賂ではどうにもならなかったけれど、
のちのちまで著者は賄賂のサインを見逃していたのではないかと自省する。
国家ルールなんてそんなものなのである。
どうしてこの場所から旅行者を国境通過させてはいけないという理由に、
根拠のようなものはあまりないことが多い。
ならばお互いの得失が合致するならば賄賂で解決するのが、
国際法というか宇宙法なのだろう。うるさいやつにはうまく金をつかませろ。
これがおもしろい旅(および人生)を送るための秘訣なのかもしれない。

しかし、あまり知りすぎないほうがいいことも旅(人生)ではある。
プロ旅行作家の著者は、過去の体験から、万が一の場合を想定して、
国境通過のときの残金報告偽装をかなり入念にたくらんだそうだ。
だが、現実はいっさい残金は調べられず取り越し苦労に終わったという。
この著者の旅行体験も、われわれ読者に貴重な人生の知恵を与えてくれる。
早くから老後の心配をしていても、老後なんて来ないかもしれない(早死に)。
安定した生活のために資格取得の勉強をしても、
別のところで道が拓かれるかもしれない。
法律のことを細かく勉強して法的に完全なものを世に出しても、
違法不法なライバル商品に負けてしまうかもしれない。
なんにも知らないで、知らないがゆえに一発勝負で切り抜けられることもあろう。
若い人が成功するのはこのパターンがけっこうあるのではないか。
過去の慣習なんてまったく知らずに思ったようにやったら、
それが世の中に受け入れられてしまう――。

無理とも思われかねない無謀で無駄な旅を、
多少のムラを気にせず終えると旅人は学ぶことが多いのだろう。
みんながみんな長期旅行に出られるわけではないから、
本書のような旅行記はおもしろい。
旅から学ぶことは多い。それがたとえ他人の旅であっても。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/4899-8f62e150