「河合隼雄 全対話7 物語と子どもの心」

「河合隼雄 全対話7 物語と子どもの心」(第三文明社)

→当方を零落したネガティブな落ちこぼれだと文章を読むと思えるらしいが、
たしかにそうとも言えなくはないけれど、
それはこちらの文章意図にあまりにも乗せられすぎているんじゃないかなあ。
文章って書かれたものと書く人はぜんぜん違うからね。
先日、派遣でいっしょになった人からブログにコメントをもらったけれど、
あの人、ぶっ飛んだじゃないかなあ。
いまのわたしは基本的に明るいし陽気だし楽天的だから。
でもさ、不幸ぶりたいっていうか苦悩を演じたいというか、そういう部分があるわけ。
荒川でバーベキューやっちゃうやつじゃないよ、みたいな孤独ぶった強がり。
人間なんてころころ変わるもんだから。夢(目標)も関心もころころ変わる。
そうそう、著書多数の河合隼雄さんをひどく嫌っているのは、
どこか似たところのある現代日本最高の知識人とも言うべき小谷野敦さん。
むかし小谷野さんの「退屈論」を読んで、
感想として自分には退屈がわからないと書いた記憶がある。
いまは小谷野敦さんの言う退屈がわかりまくり。
退屈だなあ。つまらないなあ。それ、すげえわかる。

このまえショーペンハウアーのアフォリズムを読んでいたら、哲人が言っていた。
人生は苦悩か退屈のどちらかだって。
苦しんでいるうちは苦しいが、
苦しみがなくなったら今度はひでえ退屈が待っていると。
人は退屈を見ないように苦しんでいるふりをしているのかもしれない、
とまでショーペンハウアーが言っていたかは記憶定かではない。
人生なんざ、金がない、時間がない、子どもがどうしたといっているうちが華で、
それはじつのところうまい世渡りで、本当に怖いのは退屈かもしれない。
あまりにも退屈だと「事件」のひとつも起こしてやりたくなるっていうかさ。
そう考えると、河合隼雄のいちばんの才能は、
けっこうなんでも「おもしろがれる」ところだったように思う。
どうせつまらぬ人生、おもしろがっちゃおう。
なんのために生きるか? なんて深刻な顔をしていないで、おもしろがろう。
あんがい、おもしろいことしかしない、なんて決めるのもいいのかもしれない。
いちおう有名文化人の河合隼雄はこんなことを言っている。

「ぼくはおもしろいことしかしないのですよ(笑)。
やっぱりおもしろいというときが、人間が全人的に生きているときなんですね。
体もこめてワーッと動いている。
おもろないときはというのは頭だけで動いている場合が多いから、
頭だけでおぼえたやつは何も役に立たんですよ。
人間全体でおぼえないかんです」(P64)


かといって、歳を取ってくるとおもしろいものが減少するのも事実である。
まったく本当に海外旅行は若いうちが華だよ。
40過ぎてから海外に行っても、おもしろいことなんてないねえ。
まあ、それはそれで自分でおもしろくしちゃうという裏技もあるのだが、
生命の危険があるし、日本の信頼にもかかわるから万民にはおすすめできない。
けれど河合隼雄も繰り返しあちこちで言っているけれど、
危険のないところにおもしろいものはそうそうないねえ。
外野の安全地帯からわたしを嘲笑するのもいいのだろうけれど、
わたしがあなただったら危なさそうだけれど、
この文章の書き手に逢いたいと思うような気がする。
河合隼雄はおもしろいこと(危ないこと)ばかりしたらしいけれど、
どうして危険なことをできるかといったら、
おもしろいことはおもしろいからという理由のほかに、
82年(昭和57年)段階でもうすでに来世を信じていたからかもしれない。
わたしも河合隼雄とおなじで来世を信じている。
危ないことをして万が一死んでしまっても、そこは来世があるから安心。

「ぼくのおもろいいうのはインタレスティングなんかよりもっと下等なんです。
要するに「おもろい」ということ。(……)
関心があるというのとも違う。おもろてかなわんわぁちゅうのが好きなんでね。
考えたら、このごろは来世があるような気がしてきたんで変わってきたけど、
どうも今世だけやったらおもろいことをしな損やと思っています。(……)
このごろ思う存分やっても、来世まであるような気がして心配になってきて(笑)。
いまもおもろく、来世もおもろやろうと思ったら
ちょっとええこともしなあかんかなと思うて――」(P80)


うん? 来世があるなら犬に生まれたらかなわんから、ちょっとええこともせんとあかんか。
わたしは河合隼雄信者だから、おもろそうなことでないと腰があがりまへんがな。
あんがい人によっては退屈そうな単純作業がおもろいこともあるんやで。
まあ、5年、6年単純作業をやるのはいくら来世のためでも無理やけど。
関西弁ってガラが悪くてええのう。
なーんか、おもろいこと起きへんかなあ。いっちょ起こしてやっか。
みーんなお行儀正しくなって、いまはおもろない。
おもろいことを自分たちで制限するようなマジメが支配的でおもしろくねえな。
悪いこと、危ないこと、おもろいことをぎょうさん腹いっぱい味わいたいのう。
いざわたしと逢ったらそういうことができない人だと一発でひと目でばれるのだけど(笑)。
いやあ、やれる。前科があるがや。
シナセンのあれは見てるぶんにはゲラゲラ笑いがとまらんほどおもろかったんやないか?
いまはあんなエネルギーはないが、いやいやパートナーしだいではまだまだ!
ひとりであんなおもろいことをしでかしたわけではないんやでえ。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/4876-1f31102d