「マイバースデーレボリューション」

「マイバースデーレボリューション」(古関夢香)

→いままでわかりやすい文章を書きたいとそればかり考えていたが、
わからないほうがおもしろいということもあるのではないか?
「マイバースデーレボリューション」とか古関夢香さんとか、
わかる人にはわかるけれど、わからない人にはまったくわからないでしょう?
むかしはいちいち説明していたけれど、
わからなければわからないで、それでいいのではないか?
べつにわかってもらえなくてもいいじゃん、っていうかさ。
古関夢香さんのネットパワーすげえ。
水着写真もウィキもネット上から抹消したのか。アネさんたら、やるやるやるう!
おれもさ、変なウィキに困っているのよ。
朝鮮人とか書かれていたかな。べつに朝鮮人でもいいんだけれど。
2回編集しなおした記憶があるけれど、直後に書きなおされ、
もうこれはダメだと思った(めんどくせってこと)。
あれを夢香さんは消させたわけでしょう? どんなふうにやったんだろ。
おれはむかし古関夢香さんの水着写真に危ない欲情をした記憶がある。

レボリューションといえば天龍源一郎。
むかしは天龍のことをただただすごいと思っていたが、いま考えると複雑だ。
天龍は全日本プロレスで天龍革命とかやったけれど、
あれは職場の同僚にとって迷惑きわまりない行為とも言えるわけでしょう?
馬場の全日本プロレスはいくらがんばっても給料は変わらない。
試合で怪我をしたら治療費も払われないほどブラックだった。
それなのに天龍はなんのためか同盟をつくって、過激なプロレスを始めたわけである。
がんばっても手を抜いても給料は変わらないのに激しい試合をおっぱじめた。
同僚は困るわけである。給料は変わらないのに、そんなにがんばるなよ、源ちゃん。
怪我でもしたら治療費なし、給料なしで、おまんま食い上げだろう?
だれが得をしたかというとお客さんである。
天龍のプロレスはわれわれ客から見たら、これほどおもしろいものはない。
お客さんは盛り上がり、全日本の収益はさぞかし上がったことだろう。

たしか3年で天龍革命(天龍同盟)は終わった。
なぜなら社長のジャイアント馬場が給料を上げなかったからである。
馬場は阿修羅を解雇して、天龍の子分の川田や冬木の給料も上げなかった。
がんばって試合をして(=怪我リスクUP、同僚から恨まれる)結果、給料が上がらない。
天龍にしてみれば、自分についてきた川田や冬木の給料を上げられなかった。
天龍源一郎は大企業メガネスーパーが経営母体になったSWSに移籍する。
しかし、そのSWSもターザン山本編集長の「週刊プロレス」からバッシングされ崩壊。
ターザン山本は馬場から多額の賄賂(わいろ/裏金)を受け取っていたという。
それどころか競馬の種銭ほしさに自分から馬場夫人に金を無心したこともあった。
善悪を主張したいわけではない。
わたしはむかしのプロレスのこういうアバウトでダーク、ヤクザなところが大好きなのだ。
ちなみに古関夢香さんは当方より2歳上の女性でターザン山本と関係があった。
いま夢香さんは作家で出版社社長でネット成功者らしい。

天龍源一郎はなぜレボリューションを起こしたのか、
それは自分でも正確にはわからないのではないか?
いろいろな回答例を列記すると――。
・つまらなかったから。仕事が退屈だったから。
・ジャンボ鶴田への嫉妬心。あいつより上に行きたいと思ったから。
・試合後にうまいビールを飲みたかったから(スーパードライ)。
・こんなこと自分以外はやれないだろうという自負心から。
・とにかく熱く生きたかった。
・お客さんが沸く(会場が盛り上がる)のがレスラー冥利に尽きたから。
・ひと言でまとめれば、そっちのほうがおもしろそうだったから。

わたしのむかしの夢はいつか一丁前になって天龍さんの寿司屋に行くことだった。
しかし、かなりむかしにお寿司屋さんは閉店している。がっかりした。
しかし、天龍同盟の川田が長らくラーメン屋をしている。
成城学園前ってどこ? って先日調べたら、新宿から小田急線か。
川田のレボリューション魂もすごい。
プロレスであそこまで行った人が、
いちから(だれの弟子にもならず)ラーメン屋を始めて続いているのだから。
ツイッターでメニューを見たら、オリジナル料理をいろいろ実験しているらしい。
そういうのはほんとうに天龍スピリッツというかレボリューション魂。
天龍は猪木に勝ったあとで、電流爆破も女子レスラーとの試合もやっているのだ。
おもしろそうだったら、なんでもやってやれ! 人の目なんて気にするな!
これが天龍源一郎、川田利明、ターザン山本、古関夢香に共通するおもしろさである。
いつか川田のラーメン屋で酒豪の天龍のように生ビールを10杯飲んでから、
焼酎を5本くらい開けたい。夢はかなわなくてもいい。
昨日知ったけれど、去年の3月にレスラーのハヤブサが死んでいたとか。
天龍とハヤブサの試合はなまで観戦している。
ハヤブサは2001年に試合中の事故で首から下が動かなくなる。
プロレス復帰をしたいという夢を15年語り続けて、結局かなわずに死んだということか。
だれもハヤブサの夢を否定できなかった。
わたしも万が一にも対面していたら、がんばってくださいと言うしかなかっただろう。

COMMENT

山口 URL @
05/27 01:39
. 名誉毀損で訴えるぞ。おい。
あなたと同類の人間 URL @
05/27 21:11
. ここ2、3年で1番良い文章じゃないですか。引き込まれました。
山口某の部分は余計ですよ。もったいない。








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/4865-20252f93