いまの若い子

40といえば、もうおっさんだよね。
わたしは一度死んでよみがえってきたようなところがあるから(自殺未遂とかじゃなくて)、
いまの若い子がなにを考えているのかとても興味がある。
少子化、老人天国(大国)のいまの日本で現在を生きる若い男の子には、
「どうせ大した未来はない」わけでしょう? いまの若い女の子もそうでしょうけれど。
一部のエリート以外、どこへ勤めたって手取りで20万もらえたら万々歳(これは当方も)。
大半はそこまでは届かず、正社員になるとこれでもかときつい環境が待っている。

「どうせ大した未来はない」

ということをいちばん実感しているのはいまの若者ではないか?
必死になって仕事にこだわりを持とうが、それほど評価されるわけでもない。
結婚するといっても、コミュ力のないものには、
その前段階の恋愛とやらがめんどうくさすぎるでしょう?
毎日働いてゲームをするくらいが人生なんだろうか?
あそこのラーメン屋はうまかったと満足することだけが生きる味わいなんだろうか?
寝た子を起こすなって話をしているのかもしれない。
日々の退屈、鬱屈、倦怠、鬱積をたとえばゲームで敵を殺すことで発散させる。
それがいまの若い男の子の生き方なのかもしれない。
余暇のゲームでレベルアップすれば、少しは「終わりなき日常」から変化を見いだせる。
未婚の女性とかもさ、
毎日おなじようにお菓子の箱を検品していてうんざりげんなりしないのかなあ?
かといって、どうしようもないのはわかる。
べつにやりたい仕事があるわけでもなく、特別な能力なんてあるはずないし、
資格の勉強をするのはめんどうくさいし、なにより疲れてそんな気にならないし、
資格を取っても実務経験がないと雇ってもらえないし、
いくら男女平等といっても女では出世できないから。
まじめに生きてもさほどいいこことはないのはわかっているが、
しかし周囲からの「白い目」が気になっていいかげんなことはできない。
そうして自分もだれかに「白い目」をする周囲のひとりにいつしかなっている。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/4838-fe1dcbf9