顕正会キター

いままで宗教勧誘をされたことは一度もない。
このまえブログに幸福の科学のことを書いたら、
翌日すぐさまポストに機関誌が入っていてキターと思ったけれど。
今日はドアピンポン。
わたしは家では耳栓をしているのでふつうピンポンには気づかない。
それもこれも日蓮大聖人さまの功徳か。
玄関にだれかがいてベルを鳴らした気配が。
「どなたですか?」と聞いても反応はない。
ふつうはここでドアを開けちゃいけないのだが、
わたしはもう失うものがない孤独な中年男性。刺すなら刺せよとドアを開ける。
黒服の壮年男性がふたり。
このパンフレットを読んでくださいと顕正会の本のコピーを渡される。
それだけだった。折伏も討論もなにもなかった。
顕正会とは、わかりやすくいえば現代の創価学会過激派みたいなもの。
日蓮系の過激派新宗教。
いまの学会は穏便らしいが、
大宮を中心拠点とする顕正会は終末思想(この世は亡びる)を離さず、
かなり過激な宗教活動をしているらしい。
創価学会は本部に電話してもけんもほろろなのに、
幸福の科学や顕正会はやる気があるなあ。
ただしわたしを勧誘してくださるなら嫁候補の若い女性が必須なのだが、
そこを幸福の科学も顕正会もわかっていない。
実名過疎ブログを運営して何年かもう忘れた(10年以上?)。
もうあらゆるところに住所や電話番号がばれているのだろう。
ふつうならドアピンポン、黒服男性ふたり、宗教宣伝案内書の手渡しはビビるのだろうが、
そこらへんは当方においてはヘッチャラ。
ついにあの悪名高き(わたしはそうは思っていないが)顕正会の幹部さままで、
拙宅にご挨拶に来てくださるような宗教的身分にまで出世したかと、
おのれのいかがわしい自尊心の充足をいま安酒で祝っている。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/4824-e0dac1e9