お客さまが悪い

今日も魔の力仕事「供給」。ラインにお菓子を供給する仕事。
いちばんめんどうくさいのは最後に数が足りなくなること。
ラインのおねえさまがたから厳しいご批判のまなざしや、
無言あるいは有言のきついご非難をいただくからである。
古株のSさんに聞いたら、あれは「全体供給」が悪いとのこと。
とても人柄のいい「全体供給」さんに聞いたら、
うちらはぎりぎりで数を合わせているがロスが出るから仕方がないと。
ロスとはラインの人が、少しでもお菓子の形や色が悪いと廃棄すること。
そんな高いお菓子じゃないんだから、そこまでこだわるのもどうかと思うが。
それ以外に、「検品」から自分のミス(奇形菓子未発見)を
指摘されるのがいやなこともあろう。
「検品」さんとしてはお客さまに完全な状態のお菓子を
ご購入いただくためにまじめにお仕事をなさっているのである。
こういう事情で少しでもふぞろいなお菓子はどんどん捨てられていく。
で、数が足りなくなって、「供給」が白い目で見られる。
「供給」は現在かなりのスピードで流れている最中に残量を計算しなきゃならないわけ。
あれはがんばればなんとかなるレベルではない気もするが、いちおうがんばるけれど。
結局、だれが「悪い」かといえばお客さまではないかという結論にいたる。
もっと限定すれば、クレームをいちいちつけてくるお客さま。
しかし、お客さまは神さま。となると、そうだ!

神さまが悪い!

今日は「供給」さんがひとりお休みなので、
いっしょに帰ることの多いEさんとAさんとわたしが「供給」のはず。
この3人がいっしょに「供給」をするのは今日が最初で最後では?
夢の3共演ってやつだ。
昨日調べたらAラインが切り替えが3つあっていちばんきついはず。
だれがAラインに振られるんだろう。いちばんベテランのAさんだろうなあ。
ラインのおねえさまがた、今日はぼくたちにやさしく接してくださいませ。
不安なので朝から法華経を読誦してしまったよ。

*今日はラインが3つではなく2つになるという説もある。よくわからないんだよ。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/4814-7d091b04