清水富美加は学会ファミリー

浮世のことに興味をほとんどなくしているので、
清水富美加のこともたまたま職場のテレビで見なかったら知らなかったことだろう。
きれいとかかわいいとかわからないけれど、
いまのきれいな子、かわいい子ってみんなおなじ顔をしているよね。彼女もまた。
これは証拠も調査もなにもなく、おれの直観だけれど、
清水富美加の家は創価学会だったのではないかしら。
どうしてか創価学会と幸福の科学は反目関係にあるらしい。
わたしは幸福の科学はバカバカしく、創価学会の人間味がどちらかといえば好きだ。
けれど、創価学会のうわさ好きおばちゃんのうざったさもわかる。
当方はべつに幸福の科学に入っても創価学会に入ってもいいと思っている。
ふたつの宗教に同時に所属するのもぜんぜんありというのがこちらの認識。
清水富美加は三姉妹の末っ子というでしょう。
学会員は「産めよ増やせよ」で子だくさんが多いことでも知られている。
根拠は当方の直観しかないが、清水富美加は学会文化に嫌気がさしたのではないか。
いやなことでも下積み(水着撮影)はこなせとか、
将来の「夢」のためにいまを辛抱しろとか(月給5万円)。
いまはさ、アイドルも使い捨て。どうせ数年ちやほやされてあとは終わり。
お笑い芸人もそう。いくらテレビに出ようが有名になろうが、たいしたもんじゃない。

幸福の科学は創価学会を敵対視する思想を
おそらく胚胎(はいたい/内に持つこと)しているのだろう。
幸福の科学による創価学会批判本を読めば、それはよくわかることだ。
ところが創価学会サイドが幸福の科学を批判しているという情報は、
こちらの無知が大きいのだろうが耳にしたことがない。
いまのぼくのスタンスは、おもしろいことを味わえるなら、
エルカンターレにも大川隆法にも名誉会長にも日蓮大聖人にも土下座できる。
どこの宗教にも入れる、どこでもいいから宗教に入りたい、
と長らく書いているのにどこからも勧誘メールは来ないのでさみしい。ひとり。
勧誘されたくてもひとり。信心が足りないのかひとり。愛を知らないひとり。
清水富美加はちっぱいアイドルなのか。
女性性の象徴のような巨乳は好きではないから、よきかなよきかな。
勧誘されたらどこの宗教にも入るのに、どうしてかひとりわたしわたしわたし。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/4775-abe67fac