プランタニエ

プランタニエは来ているのか?
今日は休みなのに朝5時半に起床。結局、直前までやらないんだなあ。
人間の根が腐っている。
昨日までにやっておけばいいことを今朝の期限朝9時までに必死でするか、
といったらそうではなく、だらだらときにマンガを読んだりしながら。
期限3分まえにゴミを捨てるために外に出たら、
給湯器を交換してくださるメンバーたちが全員集合している。
まったくおれは社会人としてなっちゃいねえ。
給湯器交換中にあの仕事(?)のメールを読み返し、あれの問い合わせをする。
いまのわたしには3万円は大きい。それから空いた時間に本を1冊読む。
給湯器交換が終わったらあれのためにちょっとチャリで外出。
そのまえにしっかり洗濯機を回しておくことを忘れない。
こういう効率的行動は大嫌いなのだが、つい直前になると身体が動く。
誇り高きライン作業員としての精神が固まってきているのだろうか。
あそこの美人先生の診察を定時に受ける。
ああ、先生と1ヶ月に1度逢うためだけに生きているのかもしれへん。
先生の関西弁はいまではまったく見られない。
医者だけではなく、患者もまた医師を診ている。きれいにおなりになりましたね。
それから高速で移動して、あそこに行く。
そこで「ふつうはそうなのか」と教えてもらう。まったく世間知らずで困る。
教えてもらったことを参考にして、直後にある会社に電話で問い合わせる。
吃音だから電話は大嫌いだけれど、もうそういうことを言っていられるあれではない。
よくわからないけれど、名前に「美」が入っている女性っていいよねえ。
せっかく都心に出たので、あそこに行く。
ロケットニュース24というネットワイドショーサイトが好きである。
とくにファンであるのはそこの敏腕記者、佐藤英典さん。
彼がおすすめしている新宿近くの某店へ行く。
いまは新聞テレビ情報ではなく、ネット情報で動く人もいることをわが身で実感する。

170213_1650~01[1]

ここはどこ? あたしはだれ?

170213_1654~01[1]

ビールつきで飲み放題10分100円は幸福の科学の陰謀かも。

170213_1710~01[1]

ひとり飲み放題でもぼくのするのは読書さ。タイトルは秘密。
どの店でどのくらい飲みいくら払ったかも忘れてしまった。
帰り新宿駅構内のコージーコーナーでお買い物。
プランタニエとジャンボシューとなんか特別なエクレア。
プランタニエの包装をといてみたら好物のさくらマドレーヌがたくさん入っていた。
ううん、プランタニエってどういう意味だろう?
このところ疑問に思っていたことだ。
プランタニエのリボンをしばるのはきつく、
指がつりそうで動かなくなるとはいつだったか同年齢男性から聞いたこと。

170213_1934~01[1]

いまようやく調べたらプランタニエとはフランス語で春という意味らしい。
えええ? 春(プランタニエ)って買えるの? それって買春では?
明日はバレンタインデー。
わが人生にプランタニエは来るのだろうか?
職場の四半世紀、年齢が上の同僚に聞いたら、
おれの人生はずっと春だとかのたまっていた。
彼と上がりが一緒になると、どうしてか連れだって駅まで歩く。
セブンイレブンで買い食いだ。
彼はコーヒーとピザまんを買い、我輩さまは第3のビールをどれか1本求める。
65歳と40歳が意地汚くも歩きながら飲食し、
ふたりとぼとぼ埼玉の田舎駅に向けて歩を進めるのである。
うーん、こんなプランタニエもありじゃないかとうっかり思ってしまう自分がいる。
ときにはうっかりにも、うっとりと。
あっ、いまの職場で東京から来ているのはぼくだけだと思う。
いまもいまプランタニエなのかもしれない。

(参考記事)ロケットニュース24
http://rocketnews24.com/2017/02/08/859954/

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/4770-dc8b9dcb