どっちでもいい

大宮はまたもや連絡をすっぽかし。
こちらから電話をしたら、担当者が帰ってこない、
行方不明とのこと(支店長様、携帯電話はないんですか?)。
北戸田からは最初はスポットで、というお話だったが、
いまはレギュラーで入ってくれてもいいというありがたいお話。
これはもうしばらく北戸田で働けってことなのかなあ。
まあ、絶望的に稼げないし(お金にならないし)、朝かなり早く起きなければならないし、
下手をしたら5、6時間で帰され、それで交通費も出ないと、
お子さまのお年玉以下の日給になってしまうのだが。
とりあえず、それで当面はやっていけるのだが、お金はたいせつだし。
世界を知りたい、人を知りたい、自分を知りたい、
――おもしろい体験をしたい。
それが人生のねらいだと、ここはもう2度も連絡をくれない大宮はあきらめ、
北戸田でウーマンたちと地道にこつこつ働いたほうがいいのかなあ。
けれど、おれの存在のせいで早く帰される同僚パートを見るのは精神的にきつい。
しかし、今日、人から言われたけれど、ここしか雇ってくれるところはないだろうし。
あんがいここでご縁をつなげておけば、
北戸田の枠がなくなったときに、
レアな仕事をおもしろい連中と一緒に派遣してくれるかもしれないし。
そういうおもしろい体験こそわたしの求めているものといえなくもない。
大宮のいかがわしさも半端なくておもしろそうなのだが。
40歳までには自分も母とおなじように自殺していると思ったが、
うっかり生き残ってしまった。
いま自殺願望があるかというと、もうそれどころではなく、
寿命や経済が切れるほうが早いだろうという話である。
明日も早起きいやだなあ。でも平日だから女子高生といっしょに通勤か(^◇^)

ちなみに大宮の仕事はいまより百円(ぽっち)時給が高く、
のちのちは契約社員になれるという話だが(がんばりしだい)、
わたしがいちばんひかれたのは13~21時の早起き不要の仕事で、
しかも早帰り(契約定時未満の強制帰宅)がなく、なにより13時出勤なら、
これなら午前中に読書できるかなあ、というおかしな期待をしてしまった。
貧困専門家のいう「溜め」とは金銭面、人間関係、自尊心のことらしい。
まだいちおう「溜め」はわずかながらあるが、いつ切れるか――。
考えてみたら、約束を破るほうもつらいのだろう。
いつまでに連絡するといいいながら、2度も約束を破るなんて当方にはきっつい。
それが生きるということなのか。明日も5、6千円を必死で求めて早起きしよう。
おもしろい体験ができたら、
それでも十分に(将来的に考えたら)元が取れるという当方の経済感覚はあるが。
原一男先生や山田太一先生ではないけれど、
他人の話っておもしろいよねえ。おもしろい体験がしたい。いきいきしたい。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/4733-6daca741