カド打ちばあさんの嘘話(第4話?)

なしてそない人権さまに詳しいのか、ばあさんに聞いたことがある。
そこはビール大瓶が1本410円という激安の、しかし秘密めいた酒場だ。
いわく、うちの子もバカだったんや。
ソカソカさまにお願いしたら低学歴でも人権さまに繰り上げられるという話を聞いて、
それはセカセカ、ソカソカ母としてやりましたがな。
バカなうちの子でも人権さまになりあがれば、いい思いができるちゅうますし。
バカを人権さまに格上げするのはソカソカさま。
この裏情報を教えていただいた方は恩人やけど、
ソカソカなものですぐに階段から落ちて死にましたがな。
ない知恵をシボシボしぼりましたわさ。
どないすればどないしてどないすればソカソカさまに認めてもらえっか。
あたい、あんときには息子のために炎のたまになりましたでえ。母は強しさねえ。
正直、あたいの子どもが「あかん子」や判明したときは心中も考えましたわ。
ヒサシちゅう夫もおれが一生面倒見るから大丈夫や、なんちゅうて1年も経たずに失踪や。
ソカソカさまにおすがりするしかあらへんかった。
バカはバカでもバカのままだが、
人権さまに繰り上げられたらそりゃ神さまみたいなもんねん。
あともう少しやったんや。
ひとつの枠を争っていて、ライバルのアホが妹をはらませたとかで、うち大勝利やで。
そう思った翌日、うちのバカ息子は信号を無視して自転車でダンプカーにドカンや。
あとでうちのバカは、例のほらあの身ごもった子を好きだったとかいう噂話も聞きました。
どこまでが本当で嘘かはわからんのが、ここらあたりの世界やから真実はわからんへん。
でも、バカ息子の遺品を整理していたらその子からの誤字だらけの恋文が出てきてのう。
まあ、うちはあの事故の賠償金でこんなちっぽけな酒場を開いて、
ここらたりの人権さま模様を見るともなし聞くともなし、
どうでどうでうちのバカ息子はかえってけえへんよ。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/4725-f0ec1afc