赤貝のうまさ

赤貝の刺身がうまいかと問われると微妙なのねえ。
まずはじめて赤貝を口にしたときにうまいと思うものはいないんじゃないか?
それに赤貝の場合、刺身でも寿司でも注文するとめっちゃ金がかかるし。
ひときれ5百~千円という店もあるんでしょう。
当時バブルとも言えなくもなかった父は自分は決して赤貝を食べなかったが、
たまに逢う成人前後の息子にはかならず赤貝を寿司や刺身で食わせてくれた。
そのうちわかったのである。ああ、これが赤貝の刺身のうまさかと。
巣鴨のある高級寿司店が父とわたしの学校でありました。
基本的に「うまい/まずい」は主観。
しかし、こういうのはうまいとされる、まずいとされるという基準はある。
父は自分の知らなかった赤貝の刺身のうまさをわたしに教えてくれた。
息子は刺身に詳しいらしい男に一度も親孝行らしいことをしたことをないが、
それもまた人生の一形態だろう。
うまい赤貝は本当に涙が出るほどうまいぜ。
先日コカ副工場長が口にしたのがそれだ。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/4719-ff938895