40万円の価値

かといってそこまで工場長や副工場長のコカに恨みがあるわけでもない。
最後のほうの工場長は、ひとりイライラピリピリ周囲を威嚇していた日もあったが、
リネン工場のかたすみにぽつんとすわり、
おのが人生を考えているかのそぶりは、
老いた企業戦士の孤独な魅力を感じないわけでもなかった。
コカ副工場長は(男性では)師匠の映画監督の原一男教授に次いで、
わたしの内部に押し入ってきた蛮勇の持ち主。
あっちがブルブルしているときも多々ありわかったし、ゆえに恩人と言えなくもない人。
まあ、40万円なんだよね。
今日ハローワークで聞いたら「退職勧告」で辞めていたら以後3か月で約40万もらえた。
世間知らずを上から目線で見破られ、だまされたあげく自己都合退職だとゼロ円。
コノヤロウ、大企業のエリートどもが
末端の当方を舐めてだましやがったなという怒りがいちばん大きい。
しかし、40万でどこまで怒るのが適切なのか正直わからない。
ギャンブルでは一瞬で稼げる金であり、パートでは下手をすれば半年必要な金額。
まあ年収1千万円以上の工場長やボーナス百万のコカにははした金だろう。
そんなにお金があってどうするのという気持もあるが、40万は当方には大金だ。
そのあいだニート(×読書○求職)できるじゃないか。
なんでわたしが「退職勧奨」であのとき自己都合退職にされたのかいまだにわからない。
いまだってぶっちゃけ、おれが現場にいたほうがみんなの負担は減るでしょう?
どうしてあのときいきなりクビにされたのだろう。わからない。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/4713-9d5af27f