接客は難しい

居酒屋で飲んでいたとする。ジョッキの生ビールが終わりそうである。
このときお店の人はそうしたらいいいのか?
「もう一杯いかがですか?」と声をかけるのがいいのか、
お客さんの自由に任せるのがいいのか。
わたしが居酒屋の客なら「どっちでもいい」。
しかし、なかにはセールスを嫌う人がいることも重々理解できる。
答えはケースバイケースというか、人によりけりというか。
そのへんの勘のうまいのが、いわゆる接客のプロなのだろう。
どっちが「正しい」ともいえない問題っていっぱいあるよねえ。
職場の人間関係の難しさを理解できるのは、実体験したものだけ。
おれは長らくそういうことを知らなかったなあ。
知らないほうが観念的な純文学作品を書きやすいのでしょけれども。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/4706-7be10dd4