病に伏す

やっぱ会社を辞めるのってすごいストレスなんだろうな。
風邪を引いてしまったようだ。吐き気がすごく戻したことさえあったくらいだ。
いまの保険証が使えるのは今月いっぱい。
あわてていちばん近所の病院に飛び込んだ。
これでもかという典型的な町医者のおじさんで、処方箋も手書きで(たぶん)ドイツ語だぜ。
しっかり患者心理をわかっていて5種類もの薬を出してくれる。
「絶対効きますよ」とか言っていたから名医なのだろう(この嘘を言えるかが判断基準)。
明日は新しい1ヶ月短期バイトの面接だし、治ってくれないと困るなあ。
いやね、怨念と呪詛を込めてクリスマスケーキでもつくろうかと思ってさ。
おれがクリスマスケーキをつくるとか(実物を知っているものには)シュールでは?
どうせ男はケーキなんてつくらせてもらえず力仕事にまわされるんだろうけれど。
保険証を国保に代えるには、
「職場の健康保険をやめた証明書(健康保険資格喪失証明書)」が必要とのこと。
それはまだうちに届いていないなあ。大会社なんだからしっかりしてほしい。
ということは、無保険の期間ができちゃうわけじゃん。それは怖いし危ないよ。
コカ氏に相談したほうがいいのかなあ。

先ほど副工場長のコカ氏から携帯にメールが入る。
ひとつまえの記事で、当方のいいかげんな記憶で書いた人権標語を訂正される。
×「磨けば光る障害者 日増し汚れる健常者」
○「障害者磨けば光る純粋さ 健常者磨けば欠ける素直な気持ち」
会社を辞めたあとの人間関係ってどうなるんだろう?
日本軍とかだと戦後も上下関係は引き継がれたって聞くよね。
とりあえずは明日のバイト面接だな。
みんなもそうでしょうけれど、わたしも履歴書を書くのが大嫌いなんだ。
最終学歴をコカ氏の情報高校にしちゃおうかなあ(覚えていないけれど)。
バイト面接で落とされたらむかつくんだろうなあ。
しかし、風邪で酒は大して飲めないし(ゆえに)酔えないし「うつ」コース決定だ。
いまでも失業保険はねらっているけれど(大した額ではない)、
みんながみんな絶対に大会社とは争うなっていうね。
はああ、いまから明日履歴書を書くことを考えて憂うつである。

「障害者磨けば光る純粋さ 健常者磨けば欠ける素直な気持ち」(作:コカ氏)
おれも「素直な気持ち」とやらが欠けた健常者と思われていたのかなあ。
わたしがいまの職場で学んだのは人権の王者である知的障害者がいかに意地悪かだ。
それはおまえのこころが汚れているからだっていわれたら反論のしようがないけれど。
まあ、おもしろいといえなくもない8ヶ月間でした。

COMMENT

Q URL @
12/01 10:09
. 風邪をひきかけたら焼きニンニクが効きますよ。お大事に。






しかし、パワハラで退職に追い込まれたのに、副工場長の涸渇とやらにまだぺこぺこしているらしいことに呆れました。どこまでお人好しなんですか。








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/4696-9f93da95