闘病記開始

「戦闘、開始」(太宰治「斜陽」)ではなく、「闘病、開始」。
これからしばらく「本の山」は闘病記になるかもしれません。病名は顔面神経麻痺(まひ)。
本を読めって言われても、実際左目がおかしくなっていて小さい字が読めないわけでさ。
今日も某大学病院に行ってきたけれど、いったいこれからどうなるんだろう。
他人の健康なんてどうでもいい話だから、闘病記ほどつまらないものはないと思う。
そのうえ闘病記といっても、わたしは病気と闘おうとか思っているわけではないしね。
治るものなら治るだろうし、治らないものだったら一生このままだろう。
じゃあ、どうして病院に行くのかといったら、うーん、不安かなあ。
見ず知らずの人の闘病記ほどつまらないものはないけれど、
フェイスブックやツイッターの幸福自慢よりはまだましでしょう?
わたしのことを嫌いな人は、たまにでもブログをご覧いただければ、
ほほう、あいつはいまあんなに苦しんでいるのか、
ザマアミロ、仏罰だ、天罰だとすっきり爽快感を味わえるのではないかと思う。

左顔面麻痺とはどういうことかというと、要するに「変な顔」ってこったね。
左顔面がうまく動かないからしゃべると口が曲がってしまう。
笑えないし、笑っても顔面が異様な変容を見せ気味悪がられる。
これは長所かもしれないけれど、顔がうまく動かないから怒れないってこともある。
怒っている顔をつくることができない。
「もとから変な顔っすから、いまさらどうでもいいとも言えますよねえ?」
と言ったら、脳神経外科医は笑ってくれず無言で固まっていた。
わたしの顔面神経麻痺の個別病状は左目が非常に見えにくくなっている。
しかし、大学病院で視野検査までやったが、眼科的には異常はないらしい。
それなのに、どうしてか左目が見づらくなっている。
左耳上の神経が損傷しているから、というのが脳神経外科医による診断。
それから左耳も聞こえにくい。
これは目とは異なり聴力検査ではっきりと聴力の低下が現われている。
どうして左耳が聞こえにくいのかはよくわからない。
左耳の上部が骨折していると脳神経外科の教授は診断したが、
今日のとても感じがいい同大学病院の耳鼻科医によると、
CTでは耳上部は骨折していないように見えるという。
このへんは教授とそうではない医師の力関係があってゴニョゴニョなのだろう。
顔面神経麻痺と聴力はべつにわけて考えるのも一手かとご指摘を受ける。
耳の手術もできるが、手術をしてもよくなるかはわからず、
本人がそれでいいのならこのままにしておくという手もある。
手術をするなら2週間の入院が必要。

今日耳鼻科医に言われたのは、その大学病院には顔面神経麻痺の権威がいるらしい。
まずその診断を受けて、当方の顔面神経麻痺がどのレベルか見てもらえばいいのでは?
医者からそう言われたら、さすがに断わるわけにはいかない。
リハビリ科に顔面神経麻痺の権威でいらっしゃる大先生がいるとのこと。
そういう権威的なものはあまり好きではなかったが、
偶然の流れに身を任せるしか術はない。
そのまえに筋電図検査というものをする必要がある(金曜日)。
その顔面神経麻痺の権威の先生が外来診察しているのは水曜日オンリー。
月曜と土曜が休みのわたしは2日も会社に休みをお願いしないといけないことになる。
いまの会社はホワイトだから許可してくれるだろうし、
むしろ絶対行きなさいとおっしゃってくれそうだが、
なにかに対して申し訳なさでいっぱいだ。
同僚から理不尽に怒鳴られたくらいで不平を言うには大恩がありすぎる。
12日(金)筋電図検査、17日(水)顔面神経麻痺権威、20日(土)脳神経外科。
脳神経外科の先生にはこの日までに顔面神経麻痺がよくならなかったら、
ずっとこのままの可能性もありえると言われている。

いったいこれからどうなるのだろう。
脳神経外科、眼科、耳鼻科を受診した感想は、
どこもなにがどうなっているのかわかっていないのではないかということ。
これからどうなるのかは医者でさえ占い師程度の存在なのかもしれない
とはいえ、このたびかかわった医療関係者はみな好人物で本当に感謝している。
医療従事者ほど敬意に値する職業はなく、もっと給料をアップしてもいい仕事なのだろう。
一時期、薬を20種類以上服用していたが、効いていたのかどうだったのか。
それは薬をのんでいなかった場合の自分というものを測定できないからわからない。
いちばんおもしろかったのは眼科的には目に異常がないのに、
わたしとしてはとても左目が見えにくいという不思議な現象である。
いま困っている。苦しんでいる。
甘えであることは十分に承知しているが、こういうときに愛妻がいたらどんなにいいことか。
病院で周囲を見ていると夫婦で来ている人がたくさんいるので驚く。
ひとりぼっちだなあ。あんまりいじめないでくださいね。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/4603-7d98de00