偶然に任せる

書類上の必要があって日曜日にも行った近所の大人気整形外科へふたたび。
ストレートに聞いたら、明日から仕事復帰してもまあ大丈夫とのこと。
それならそういうことならと、書類提出に行った際に、
会社へ明日から働かせていただきたい旨を申し上げる。
ニート時期もあるわたしが「働きたい」って熱心にアピールするって、
それどういうことだわさ。
どうせ数日後には「働くのやだなあ」とか思うのだろうけれど、そんなもんなのさ。
いま人が辞めちゃって新しいバイトを募集しているらしいので、
こんなわたしでも少しくらいはお役に立てるのかもしれない。
左顔面(神経)麻痺に関しては、働くとか安静とかより、
規則正しい服薬と運不運が勝敗を分ける(なにが勝利で敗北かはわかりません)。
よーし、明朝8時からまた労働だぜい。
また上役や先輩から叱られ、コンチクショーとか思って酒をのむんだろうなあ。
その悔し酒のうまさを考えると舌なめずりするが、
療養中ゆえさすがにほどほどにしなければ。
いちおうあたまを打っているんだ。
脳神経外科の医師に聞いたが、
あたまが悪くなっている可能性もなくはないらしい(記憶力、判断力)。
1ヶ月ぶりの職場とか怖くないこともないけれど、とりあえずは偶然に任せる。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/4582-4d479b74