越南女子的青春

まえの職場でわたしがベトナム人女子労働者に興味を持ったのは、
彼女たちから「青春」を感じたからかもしない。越南的青春。
彼女たちは明るいしネチネチしていないしおおらかで、まあおもしろいんだ。
いまの日本社会の20代前半女子にどんな希望があるか?
どうせ大した男は寄ってこない。する仕事は雑務ばかりで、どうせこんなもの。
趣味といっても、みんながしているような、どうせどうせの世界。
恋愛をしたって三流ドラマを模倣しているようなチープ感しかない。
こいつイケメン気取りをしているけれど、おまえになにがあるんだよ。
深いことのひとつでも言ってみろよ。
しかし、あたしだって、そんなもの。
千円以下の時給がお似合いのクズレ女子。
先が見えるんだよねえ。この程度という。この程度の男と金と、この程度の人生。
だけど、あたしはこの程度の存在。フーゾクなんか行けるわけないっしょ。
これでいいのかと思うときがないわけではないけれど、どうしたらいいのかもわからない。
バイト先にはキラキラしたベトナム人の若い女子がいるけれど、
なんかあの子たちは嫌い。嫌いだから嫌い。
ああ、どうして嫌いだかわかった。越南若年女子の青春の輝きが自分は嫌いなんだ。

COMMENT

HN URL @
07/02 23:58
. 底辺労働者の自分でも一応日本人だから、日本国籍を欲しがっている発展途上国の女性なら相手にしてくれるんじゃないか、という助兵衛根性が全て。

土屋くんみたいなゲスな手合いは、東南アジアには掃いて捨てるほどいる。








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/4559-fbb2509d