庶民の恋愛

もう40歳になったので好きなことを書いちゃうよ。
肋骨も折れて、心も折れて、人生終わりかもしれないし、好き放題書いちゃうよ。
庶民ってどういう恋愛をしているのかなあ。
平成の文豪、西村賢太氏は中華料理屋で働く彼女を見初めたと。
でも、なーんか、嘘っぽいんだなあ。
シナそば屋の女給ふぜいが、
はたして傲慢な男の文学趣味を理解してくれるのかしらん。
女を好きになるってどういうことなんだろう。
男たる自分の価値を接待やら贈物で金銭的に教えしらしめ、
かつ肉体的にも征服して自分を尊敬させる。これが男の恋なのか?
恋愛は金がかかるのがめんどうくさいよねえ。
絶対におかしいと世界に向けて公言したいのは、金は男が払うという世界的風潮。
女の人に奢ってもらったことのほうが多いとぶっちゃけたら、
今年の正月だったか、派遣仲間のスギさんにあきれられたけれど。
どうしたらいいの?
この女はいいと思ったら、高いメシを食わせたらいいの?
高額なメシはいくらでもあるけれど、どのレベルを選べばいいの?
良質かつ高額なエサを与えたら心や股を開く女って家畜じゃん?
いや、それがいいのでしょうけれど、そういうものでしょうけれど。
つくづく思うのは男と女がかりそめに愛しあい子づくりするのってすごいよなあ。
女にメシをゴチしてもいいのよ。
金銭価値の高いものをプレゼントしてもいい。
でもそれって買春売春じゃん。みんな思っていることだろうけれども。
買春売春でもいいから、春が来ないかなあ、いてて肋骨骨折。

COMMENT

URL @
06/27 09:32
. comment自由人のふりをして根元は古い固定概念に縛られているのですね。
(後で消すんでしょこのエントリw)
HN URL @
06/27 12:54
.. 「女の人に奢ってもらったことのほうが多い」。さりげなく自慢話。きみが本当に書きたかったのはこれ。なお西村賢太は、今はデブだが、上背と髪の毛は土屋くんよりあるかもな。
URL @
06/27 16:33
. 土屋さんは、「ときメモ」クリアーできるかなぁ?

まぁ頑張れ!








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/4545-9f81058e