庶民とインテリ

どうして庶民を自称する人たちってあれほどインテリ(知識階級)が嫌いなのだろう。
うちのブログの批判コメントも、おまえはインテリぶっているが……というものが多い。
いったい庶民を自称している群盲連中はどれほどコンプレックスが強いのだろう。
インテリと庶民がどちらが強いかといったら、
圧倒的にあたまのいい少数派を感情的に憎悪する多数派のほうである。
インテリは少数派、庶民は多数派。
インテリなど庶民から囲まれたら百度でも千度でも土下座をするような気がしてならない。
中途半端なインテリほど庶民ぶるのが気に食わない。
中途半端な庶民がインテリぶって慣れない横文字を使うのは笑止。
いったいわたしは庶民なのかインテリなのか。
こういう二分法が人を迷わせる。
わたしはインテリでもあるし庶民でもある。
わたしはインテリでもないし庶民でもない。
しっかし、みなさんだってそうではありませんか?
二分法で片づけられない存在だと自分を認識することはございませんでしょうか?
すぐに相手を「敵/味方」で分類する二項対立的思考法は、
きっとそのうち変わるのではないかと思う。
でも、わかるわかる。
インテリぶる庶民とか、庶民ぶるインテリとか、うざいうざいうざい。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/4459-f592c8fb