「世捨て人のすすめ」

「世捨て人のすすめ」(ひろさちや/実業之日本社)

→仏教ライターのひろさちやさんにわたしほど影響を受けている人がいるのかどうか。
ひろ氏の本を参考書として、長年仏教を独学してきた当方の結論を書いてしまおう。
最終回のようなものは必要でしょう? 翌週からパート2が放送されるとしても。
毎日、閉店セールをやっているような店を好む感情が
氏と我輩様に共通する感情かもしれぬ。
仏教の究極結論とはなにか? それは――本当にこれを書いてしまっていいのだろうか。
知らないほうがいいこともあるので、
やばい空気を察知なされた敏感なかたはここでストップを。
仏教の最高真理とは――。

☆    ☆    ☆    ☆

師匠よりも弟子のほうが偉いということ。
仏教の真髄は、師匠よりも弟子のほうが偉いことにある。わからないかなあ。
法然よりも親鸞のほうが偉いでしょ?
法然は理論で肉食や妻帯を肯定したけれど、死ぬまで清浄だったわけだから。
親鸞は法然の教えを実践化して、たぶん女も肉も食いまくったはず。
その親鸞なんかより千倍以上偉いとわたしが思っているのは唯円。
唯円は親鸞の弟子で国民的ベストセラー、わが国の聖書「歎異抄」の著者だ。
「歎異抄」の著者の唯円は師匠とされる親鸞に、
若いころ短期間おそばについただけ。直接会話したのも10回未満かもしれない。
唯円がこれが唯円の考えていることだと書いても世間は認めてくれないのだ。
世の中でもっともたいせつなのは権威(肩書、血筋、家柄、学歴)。
唯円は自分の信心を書いてもだれからも見向きもされないことを知っていた。
だから、権威のない唯円はこれは親鸞の教えだとうそぶいて「歎異抄」を書いたのだ。
しかし、それは親鸞の真っ黒い家系からは完全無視され、
それどころかおいしい部分だけ横取りされてしまうという悲惨な結果になる。
わたしは全人生体験を賭けて言うが、
弟子の唯円のほうが師匠の親鸞などよりはるかに偉かった――。

しかし、そんな本当のことを言っても始まらないというのは事実だ。
弟子のほうが師匠よりも偉いというのは、なかなかご理解いただけない発想だと思う。
繰り返すが、法然よりも親鸞は偉い。
なぜならタブーの肉食も女漁りも親鸞は平気の平左でしたからである。
イエスなんかも弟子の妄想だけでできあがった想像上の人物とも言えなくもない。
どうしたらわかっていただけるのか。
ユングよりも河合隼雄のほうが偉い、と申し上げてもダメだよなあ。
ユングの偉さを発見して真似をしないで、
自分が日本のユングになったのが河合隼雄だが。
これならおわかりいただけるか。
創価学会二代目会長でアル中だった戸田城聖よりも、
どっから見ても池田大作さんのほうが偉いでしょう?
じつのところ師匠を偉くしているのは弟子なのだが、
弟子はどうして自分が師匠よりも偉いと思えないのか。
わたしから見たら創価学会の上層部よりもはるかに末端の信者さんのほうが偉い。
弟子のほうが本当は師匠よりも偉いのに、
どうしてか弟子はある人を師匠としてあがめたがる。

個人的な具体例を身もふたもなく書いてしまえば、
売れっ子仏教ライターのひろさちや先生よりもわたしのほうが偉いでしょう?
だって、ひろさんは口だけだもん。口では「で・あ・い」とか言っている。
人生はデタラメだから、あきらめて、いいかげんに生きよう。
「デタラメ・あきらめ・いいかげん」の頭文字を取って「で・あ・い」。
けどさ、ひろ先生の人生を見たら、堅実というほかない、ちょーマジメな計画的人生航路。
本人はほとんど「で・あ・い」を実行していないのに、
読者にはおかしなことをすすめている。
わたしはバカ正直にもひろさちや先生の教えを信じて、
人生はデタラメだと悟り、
おかしな夢はあきらめて、
ほどほどいいかげんの人生を終えられたら、
という「世捨て人」体勢に入った。
そうしたら、どうしてか人生が少し上向いてきたような錯覚があるのだから。

そもそもお釈迦さまはひと言も書き記していないわけ。
ぜんぶがぜんぶ、弟子の聞き書き。
師匠がこう言っていたような気がするなあ、という。
いや、師匠がこう言っていたからおれは絶対に「正しい」みたいな。
仏教ってきっとそんなもんなのである。
どんなものなのかと言うと、「弟子のほうが師匠よりも偉く正しい」。
それぞれがそれぞれに釈迦の弟子を自称するとき「正しい」人になる。
ひろさんなんかより弟子の我輩のほうがよほど偉いのだが、
いちおう師匠めいた人の言葉を引用しておこう。
言うまでもなく、わたしなんかよりもこのブログの読者の解釈のほうが偉くて「正しい」。
「正しい」意見は弟子の数だけある。
どの意見もみなみな絶対的に完全に「正しい」。

「仏教は、決して教条主義の教えではありません。
それぞれの人が、それぞれに自分の生き方を見つける。
それが大事なことなんです。
釈迦世尊は、きっとそれを望んでおられます」(P6)


なんでみんなイチローが好きなんだろう?
わたしはイチローよりも清原のほうが百倍以上好きである。
あはっ、ひろ師匠の教えに逆らっちゃったかも。

「いま、アメリカの大リーグで活躍しているイチロー選手は、
日本のプロ野球のき球団に入ったとき、
その打法を変えるようにコーチ[師匠]から言われました。
コーチというのは専門家で、
専門家[師匠先生]は選手を弄(いじ)くり回すことを飯(めし)の種にしています。
しかし、[弟子の]イチロー選手は強い信念を持って、
そのコーチ[師匠]のアドバイス[指導]を拒否しました。
普通であれば、彼はそのまま消えてしまったでしょうが、
[運がよく]幸いに監督が彼を支持してくれたので、今日のイチロー選手があるのです。
われわれも、主体性・強い信念なしに専門家[師匠/指導者]に頼ってばかりいると、
専門家[名誉会長/幹部]に弄くり回されることになりかねません」(P42)


これをお読みになられた瞬間、
いや私は師匠に絶対服従すると誓いを新たになされた貴殿は、
当方と意見が異なるがゆえにそれもまた、
その個性的な意見ゆえに、とてもとてもどこまでも「正しい」ことこのうえない。
あなたはあなたのままでいい。

「プロ野球選手のうちには、監督[師匠]やコーチ[指導者]の
「期待」に応えようとするまじめな選手もいます。
しかし、まじめな選手は、監督[会長]やコーチ[幹部]が変わると、
新しい指導者の「期待」に応えようとして、個性を失うことが多いのです。
むしろ自分の欠点を売り物にした選手が、大物に育つそうです」(P199)


なら、おれはひろさちや先生の「期待」に徹底的に逆らってやる。
明日から社会人として世間常識には盲目的に従い、
決して夢をあきらめることなく、
いいかげんな手抜きなどいっさいしない人生を送ってやる。
ほうら、師匠よりも弟子のほうが偉い(え? え? え?)。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/4437-5cc651a8