DVとSM

おなじものをどう見るかで「正しい」解釈がわかれよう。
どちらも経験はないのでよくわからないが、
SMプレイとDV行為はおなじような気がしてならない。
双方が納得してうまくいっている主従関係は良好なSM。
どちらかがノーと言ってしまったら、それがDVになるのかもしれない。
相手方はいまだにSMをしているつもりで、
片方はDV被害だと訴えるケースもなかにはあるような気がする。
創価学会が好きな師弟不二って、あれはいまで言うパワハラでしょう?
師匠からいじめられて快感に打ち震える被虐嗜好体質のものも少なくないのだ。
パワハラをしている当人は好意から相手を鍛えているつもりかもしれない。
本人もやりたくない師弟不二を相手のためを思って実践していたら、
いきなり愛弟子からパワハラで訴えられたらたまらない気持がするだろう。
いじめられている羞恥にまみれた美少女は世界一かわいいと思うけれど、
自分はいじめたくない(自分の手は汚したくない卑怯者ゆえ)。
タカビーな女子に振り回されたら快感だろうと妄想するが、
いざ現実にされたら無視するような気がする(殴るまで相手に情熱を持てるかよ)。
DVとかSMみたいな濃い男女関係は、
万事が薄い現代社会において必然的に求められているのかもしれない。
だれかをいじめて相手の困った顔を高みから見るのも、
いじめられたと被害者、受難者ぶるのもどちらも生きている味わいだと思う。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/4432-138edb97