「美少年」

「美少年」(団鬼六/新潮文庫)

→大御所SM作家の短編小説集を読む。
いったい現実と妄想ってどういう関係にあるんだろう?
現実というのはいわゆる客観で、妄想は主観と言うこともできなくはないだろう。
わたしは現実はつまらないので妄想しているほうが好きだ。
いっぱんに小説や映画といったフィクションは現実(客観)ではなく妄想(主観)だろう。
しかし、なにが現実かという問題提起もやろうと思えばできる。
本当に客観的なもの(=現実)など存在するのだろうか?
写真は証拠にも使われ客観的なものとされるが、
賞を取ったような有名写真にはつねにヤラセ疑惑がつきまとう。
文章でいえば、現実を正確にとらえる客観的な文章など存在しうるのか?
フレームで現実を切り取っている写真もそうだけれど、
文章もどこを書いてどこを書かないという取捨選択があるわけだ。
一瞬に起ったことの外面や内面を言葉で書き尽くすことは、
1万ページを費やしても不可能という考え方もまったくの間違いではないだろう。
これは唯心論(唯識説)と言われているものだが、すべては主観(妄想)とも言えよう。
すなわち、客観は存在しない。多数派の主観が客観として現実的に採用される。
客観的なものは存在しているように見えてじつは存在しない。
客観的な現実は多数決で決まるもので、多数派の妄想(主観)が現実的とされる。
このときリアリティ(現実性、真実性)とはなんだろうか?
当人にとってもっとも現実的と信じられる妄想がリアリティがあると評価される。
わたしは最近めっきり小説や映画といったフィクションから離れている。
他人の妄想をあまりおもしろいと思わなくなっているのかもしれない。
小説よりも自分が目にした現実のほうがおもしろくなってきている。
しかし、客観的現実など存在しないとしたら、
わたしが現実として受容しているものはわたしの妄想(主観)に過ぎないだろう。
現実などないのだとしたら、都合のいい妄想をしたほうがいいことになる。
けれど、あんまりおかしな妄想をいだいていると人に迷惑をかけてしまう。
異性が自分を好いているという妄想にかられて行動したらストーカーになる。
妄想ではなにを思い浮かべてもいいが、実際に行動化したら性犯罪者になる。
妄想では憎いやつを殺しても構わないが、現実化したら殺人者である。
わたしは妄想が好きだが、最近はあまり他人の妄想に興味がなく、
現実といわれている自分の妄想にリアリティを感じておもしろがっている。
以上、書いてきたことをご理解くださる人はおられますか?
団鬼六の以下の文章を何度も読んで、さらに考えに考えた結果がこの記事だ。

「私は観念的には嗜虐趣味を持つのだが、実践派ではなかった。
絵空事としてSM小説を書き、それに耽溺(たんでき)する事ができたが、
これを空想の域から離れて現実に実行するとなると
何よりも自分の不器用さ加減にうんざりし、
つまり女体を満足に縛る事も出来ず、暴力実行者としては落第であった。
現実に直面するとまず自分の気持が先にしらけてしまうのだからどうしようもない。
[愛人契約した女子大生の]相沢京子とセックスする時も
ロープなぞ使って嗜虐趣味を発揮したことは一度もなかった。
ノーマルな正常位で私は充分に満足した。
嗜虐的幻想図が頭に浮かぶ時は妄想の中に自分を溶けこませ、
京子と正常な肉体行為を営みつつ、
京子を暴力的に凌辱(りょうじょく)しているような妄想を自分の内に掻(か)き立てる
――これだけで私は充分に満足した。
一つの対象を相手にしてノーマルな行為を演じつつ、
アブノーマルな妄想によって自慰行為に浸っているようなもので、
これは妻と演じる性行為の場合も同じパターンなのである」(P23)


おおむかしブルセラ学者の宮台真司がどこかで言っていたのを
よくもまあいまでも覚えていると自分でも驚くが、
自分は女の子の気持になることで性的興奮を掻き立てられるタイプだと。
でも、現実問題、女の子の気持はわからないから、それは妄想だよね。
他者(異性)は客観的現実的に存在していないとも言えなくはないわけで、
自分の心のなかの女や男が現実場面でも重要になってくるような気がする。
現実があったとして、現実よりも妄想のほうが楽しいわけだ。
しかし、自分を圧倒する現実感覚(リアリティ)というのもあろう。
現実と妄想、正常と異常、客観と主観――この二辺を接続させる言葉がリアリティである。
変なことを言うようだけれども、現実にレイプをできる人はすごいと思う。
妄想のレイプは楽しいけれど、現実にそれはできないという人が多いのではないか。
いや、そうでもないのかな。
よく知らないけれど、女も妄想ならばレイプを楽しめる人もいるような気がする。
実際、されるなんて冗談じゃないと思うけれども。
しかし、確率はものすごい低いだろうが現実に凌辱されて興奮する女性もいよう。
そういう女の内面を妄想すると楽しくて仕方がない。
現実にそういう女性と対面したら逃げ腰になってしまうかもしれないけれど。
なにが現実なんだろう? なにが妄想なんだろう? 
リアリティって本当のところどういう意味なんだろう?

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/4429-c99c5f07