新年の目標

新年の目標みたいのはない。
というのも、目標を立ててしまうと目標に縛られてしまうじゃない。
たとえば敦煌(とんこう)を目的地として10日間の旅行計画を立てるとする。
そうしたら、行けても敦煌までなわけでしょう?
敦煌以外のところには、この旅では行くことができないことになる。
前人未踏の地に足を踏み入れたいと思ったら目的地を決めてはいけない。
だって、そこは前人未踏だとしたら、まだ名前がついていないはずなんだから。
敦煌へ行きたいと目標を立ててしまうと敦煌にしか行けない。
だれも行ったことのない世界に最初に行きたいのなら目標は言葉にならない。
自分が名前をつける処女地に行きたい場合、目的地の名前はまだわからない。
あえて目標を立てないことでしか到達できない世界があるような気がする。
敦煌、敦煌ってうるさいけれど、
あそこはメジャーな観光地でそれなりに目的達成の満足はあるだろうけれど、
だれかの旅を真似しているだけともいえなくもない。
ガイドブックのあるところに行ってもおもしろくないわけよ。
そういうところへ行っても自分なりの発見があるというのもまた事実ではあるが。
1年単位で考えると、
去年のお正月に来年の自分がいまのようになっているとは想像もしなかった。
いまの自分が来年の正月の自分を予想できるというのがおかしい。
旅の話でも人生の話でもあるけれど、
結局のところ人ってさ、行けるところまでしか行けないような気がする。
そこに行きたいというか、そこまで行けたらというか、
そこまで行くのがどれほど難業か。
ブログ「本の山」を始めて10年。今年から11年目に入る。
とりあえず、さらにおもしろいものを書きたい。いろいろおもしろい体験をしたい。
これをお読みのみなさまもそろそろ重い腰を上げてご協力くださらないかなあ。
え? もうしているって? もう一歩近づいてきてくださいよ。

COMMENT

名無し URL @
01/02 18:35
. あけましておめでとうございます。

こちらのブログから多くのことを学ばせていただいている者です。

これからもこのブログを通じてこっそりYondaさんの劇的な運命の行く末を見守らせていただきます・・・









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/4397-b2c3c474