なまえのはなし

ネットでは匿名で相手をビシバシ否定して悦に入っている人も少なくない。
そういう手合いのひとりの実名を知ってしまったので困る。
彼が匿名で自慢している精神病のお嬢さんの名前まで知ってしまった。
彼女は有名出版社の超有力な新人漫画家なのだから、遺伝はすばらしい。
彼は自分は威張っていないと公言しているが、
朝日関係の有名権力者の古株子分の彼はわたしのメールを無視している。
当方が匿名のメールにも丁寧に返信するのとは大違いである。
お偉い人っておられるんですね、あいどんさん! あいどん先生!

名前の話をすると、こちらの名前は顕史。
名前を説明するのが厄介なのである。
顕微鏡の顕と言っても、たまに通じないことがある。
相手がその筋の人なら、日顕の顕と言いたいくらいだ。
顕正会の顕と言ったら、すぐにわかる人もおられるかもしれない。
顕史の読み方は「あきふみ」ではなく学会健児とおなじく「けんじ」であります。
いまのところどこの宗教団体にも所属していない。
両親とも無宗教。
ただし父方の祖母が生長の家、母方の祖父がプロテスタントだった。

宗教にこだわりはない。
ぶっちゃけ、創価学会、顕正会、立正佼成会、日蓮正宗すべてに入ってもいい。
許してもらえるなら、同時に親鸞会にでも入らせてもらおうか。
厳しい修業をしなくてもいいのなら元オウムのアーレフに名前を貸してもいい。
いまのところいちばん好きなのは宮本輝先生のあそこですけれど。
名前から対抗勢力と勘違いされることがあるので困る。
39年も生きていて、いままで一度も宗教勧誘をされたことがない。
これはおかしな名前のせいかどうかはわからない。
とくに名づけの親を恨んでいるわけでもない。

COMMENT









 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/4307-30e77c46