「~果てしない孤独~  独身・無職者のリアル」

「~果てしない孤独~  独身・無職者のリアル」(関水徹平・藤原宏美/扶桑社新書)

→スネップをテーマとした本。スネップとは造語で、孤立無業者のこと。
もっと正確に言えば、20~59歳の独身で友人も恋人もいない無職の孤独な人を指す。
スネップ――ううう、なーんか身につまされる言葉だなあ。
こんな言葉を知らなかったら自由人を気取っていられたという人も
少なからずいるのではないか。
ふらふら自由気ままに遊び暮らしている人をスネップと問題視したがる人がいるのだろう。
どうして孤立はいけないのか、
ひきこもり・ニート・スネップ救済団体代表の藤原宏美氏は言う。

「孤立において怖いことは、孤立が長期化すること自体が、
「自分は誰からも必要とされていない」「自分は不要な存在だ」
というメッセージとして孤立する人に受け止められ、
本人を傷つけていくということです」(P140)


べつに他人から必要とされていないくても、
たとえば自分の趣味を追及していたりで、
それなりに人生を謳歌(おうか)している孤立者もいなくはないような気がするが、
しかしやはり社会的地位のある藤原宏美代表の言うように孤立はよくないのだろう。
あんがい思ったよりも人から必要とされたい、
人の役に立ちたい善意の人は多いのかもしれない。
だとしたら、ひきこもり・ニート・スネップはなにもせずとも人の役に立っている。
ひきこもり・ニート・スネップはなにもせずとも人から必要とされていると言えよう。

人生に生きがいを感じられず会社員を勤めきれず、
なにか人の役に立つことをしたいと思った藤原宏美代表こそ、
まさに人生の落ちこぼれとも言うべき
ひきこもり・ニート・スネップを必要としていたのである。
藤原代表はひきこもり・ニート・スネップを発見したとき、
これで自分も人の役に立て、
会社員時代とは異なり「先生」と呼ばれると小躍りしたのではないか。
一介の会社員にすぎなかった藤原宏美氏も、
いまでは多くの親から頼られる教祖的存在で、
会社員時代からは考えられなかったように、本を出せるほど社会的に成功をおさめた。
藤原宏美が代表を務めるトカネットはボランティアではなく有料サービスである。
人の役に立てて「先生」と呼ばれ、そのうえさらに金銭まで手に入るのである。
藤原宏美代表はひきこもり・ニート・スネップに
足を向けて眠ることはできないのではないか。
藤原宏美代表は心理カウンセラー希望の大学生などをただ同然で雇い、
1回2時間6千円のメンタルフレンドとして社会的落ちこぼれのもとに送り込む。
落ちこぼれにはメンタルフレンドとつきあうことで社会性を取り戻していってもらう。

やばいことを書こう、
どうせバイトのメンタルフレンドは大した給料をもらっておらず、
いわば経験を買うようなイメージで人の役に立つことをやっているのだろう。
将来、心理カウンセラーになるための経験にでもなれば、と。
スネップにかぎりなく近いわたしもメンタルフレンドをこのブログで募集してみよっかなあ。
メンタルフレンド募集。ただし女性限定。年齢制限あり。新興宗教会員可。
報酬はプライスレスの、
やりがい、生きがい、人の役に立つ喜び、人に必要とされる満足感。
いるんでしょ? 人の役に立ちたい人、人から必要とされたい人!
定員になりしだい募集を終了しますのでお早目のご連絡をお待ちしております♪

COMMENT

美.杳 URL @
09/10 14:26
. わたし小石川高校から早稲田の一文を出た文学好きのネカマなんですが、土屋さんのメンタルフレンドにしていただけませんか? うふっ♡
みずほ URL @
09/11 03:20
. メンタルフレンドという言葉の皮肉さとキャッチーさに思わず笑ってしまいました。
Yonda? URL @
09/12 22:37
美.杳さんへ. 

いいお名前ですね。
よろしければメールをください。
ぜひともメンタルフレンドになってください。
名は体をあらわしますから。
お待ちしております♪
Yonda? URL @
09/12 22:38
みずほさんへ. 

メンタルフレンドは皮肉でもなんでもなく、
求めているのはガチでございますです♪
東方不敗 URL @
09/13 20:58
Yonda?さんへ. 

シンクロ率が、400パーセントを超えています!
Yonda? URL @
09/21 19:05
東方不敗さんへ. 

どーんとぶつかってこいよ。うけとめてやるぜ。








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/4249-b4627d60