落としどころ

日記ブログってあるでしょう。あのだれにも読まれれていないやつ。
なぜなら、だーれもおまえなんかに興味がないから。
あの日記ブログってやつは、みんな匿名でやるんだよねえ。
で、職場の同僚の悪口を書くわけだ。
ああいうのを読むと、ほんと人と人ってうまくいかないもんだと驚く。
あなたが嫌いな人を好きって人もいるという、その相性の摩訶不思議よ。
「本の山」はくだらぬ読書感想文のみならず日記ブログの面もあって、
だがしかし両手(両輪)をあわせてもぜんぜんアクセス数がないわけ。
だれも自分なんかに興味がないということを深く知っているから実名で書いている。

ブログのコメント欄にパート仲間から悪口を書かれちゃってさ。
今日でおまえはクビだって。
なにもかも新鮮だったなあ。会社への道も入口も階段も休憩室も。
ロッカー室に入ったらさ、わたしのロッカーの名前が剥ぎとられているのよ。
「そう来ましたか」と、おお、これが現実なのかという驚きがね、その、ありました。
だれがやったのかは知らないけれど、この職場におまえの居場所はないってことでしょ?
小学校の靴入れの名札を剥ぎとるようなもんだよね。
いい大人がそんなことをするのかという衝撃がございましたですねえ。
ああ、おれってほんとうにいじめられていたんだって気づく、みたいな。
いじめってあれ、いじめられているほうがいじめだと認識しないとじゃれ合いなんだ。
わたくしはこんかいのロッカー名札剥奪を偶然もしくはじゃれ合いと認識。
まあ、ぶっちゃけ、おれの名前なんてその程度のもんだし。

今日でクビを言い渡されるとコメント欄で
バイト先輩から教えてもらっているからなにもかも最後の新しさがある。
このバイトにはじめて入ったとき、能天気でいい子だなあ、
と思ったベトナムっ子がいまふうに眉をきれいにそろえていたので、
うんうん、いいぞいいぞ、がんばれよって思ったり。
今日で終わりだと思うと、なにもかも懐かしい。
もう持たないであろうオリコンから、なにからなにまですべていとおしい。
きれいごとを言うようだけれど、本ばかり読んできたわたしは
ほんと書籍がこんな倉庫で日本各地に発送されていることも、
そこにこんなに多種多様な国籍容貌年齢の男女がいることも知らなくて、
彼ら彼女らがわずか時給850円で働いているのに、
それぞれがそれぞれの良さや美しさを持っていることにまったく無知だった。
はなはだ傲慢な不遜極まりない感動をしたものである。

結局、本日は今日のところはみんな期待していたのかもしれないが、
クビを言い渡されなかったのである。ということは、明日も行ってもいいのだろうか。
明日も「今日が最後」と思えば、似たような感動を味わえるのかと思うとおいしい(え?)。
「落としどころ」をどこに置くか、なのである。
ワンパターンは嫌いだから、「シナリオ・センター日記」のような終わりにはしたくない。
組織とのああいう破局的な決別はお互いのためにもしたくない。
病的妄想かもしれないが、
「本の山」を楽しんでいるパート仲間もひとりふたりいるかもしれない。
いまは4ラインにいるTさん(男性)なんて以前はさんざんにらまれたけれども、
今日久し振りに顔を合わせたら目が笑っているのである。
「おまえ今日でクビだぞ」と笑っていたのかもしれないけれど。
わたしはもちろんTさんも嫌いではないし、
ブログに批判コメントをお書きになった「ふたりぼっち」の女性も嫌いではない。
(犯人予想が違ったらごめんなさい!)

時給1600円の仕事をご紹介してくれた(書類選考あり)
人材派遣会社からの連絡はない(落ちましたか? ご連絡ください。動けません)。
職場同僚みなさまのご迷惑になるのなら古本屋でバイトしようとも思ったが、
20~30キロのダンボールを階段で何度も上げ(ら)れる人募集って、
それはちょっとそこまでは……。
想定予想寿命(医学的根拠皆無)は1年もないので、おもしろい仕事をしたいのである。
いまのバイト先でがめつく稼ごうとしている古株女性ってお金が目当てなのかしら。
お金が目当てならいまの職場よりもよほどいいところがあるだろうに、
いったいどうしてなにゆえ、なぜなぜに現在のバイトを辞めないのだろう?

この人はほんとうによくできた人だと思うマネージャーさんに今日ご質問いただいた。
二者択一。
「職場のことをブログに書いていまの仕事を辞める」
「ブログに職場のことを書くことをやめて仕事を続ける」
若輩のわたくしなぞにとてもご丁寧な対応をしてくださった。
まったくほんとうにあの対話はお疲れになったことだと思います。
わたくしがどちらを選択したのかはマネージャーさんのみ知ることです。
明日、クビを宣告されるかもしれません。
明日5ラインは3600もあるんだなあ。久々に24時近くまで行きそうな。
お金もほしいんですよ。お金もほしいけれど、おもしろいことも楽しみたい。
今日、久しぶりにやったけれど、書籍ピッキングってやっぱりけっこうおもしろい。
子どものころお小遣いをもらえなくてゲームセンターに行けなかった無念を
いまはらしているといったら大げさにもほどが過ぎるのでしょうけれど。
結局、だれともなにもなかったのか、
いろいろな人といろいろなことがあったのか。
前者も後者も「正しい」とわたしは思う。

こんな私的メッセージをだれも読んでいないブログに書くなって話ですね。
「落としどころ」はどこにあるのかは、たぶんだれにもわからない。

COMMENT

東方不敗 URL @
07/21 23:34
敵を愛し、迫害する者のために祈れ. 聖書 マタイによる福音書第6章14-15節

もしも、あなたがたが、人々の過ちを赦すのなら、あなたがたの天の父も、あなたがたを赦して下さるであろう。

もし人を赦さないならば、あなたがたの父も、あなたがたの過ちを赦して下さらないであろう。
松陽 URL @
08/06 18:46
. このブログがアルバイト先の人に知られたってすごいですね。
ただ、よく見つけたなって思いますけど。
バイト先の人に書いている事を話したんですか?
松陽 URL @
08/10 18:15
. どうなんです?
松陽 URL @
08/20 18:18
. 返答なし、かよ。つまんねえの。
Yonda? URL @
08/23 15:02
松陽さんへ. 

> バイト先の人に書いている事を話したんですか?

話すはずがないじゃないですか。
自分の恥部を人に見せつけるまでの露出狂ではありません。

いちおう松陽さんへの回答はブログ記事でしています↓
http://yondance.blog25.fc2.com/blog-entry-4226.html

書き方が悪かったのかなあ。ごめんなさいね。
カーバ URL @
08/30 17:25
. ブログのこと、知ってほしくてそれとなく匂わせたんじゃないの?                              だってこの人相当自己顕示欲の塊だよ。それに、自分ではとっても頭がいいと思ってるね。天上界からの目線で書きまくってるもんね。
 俺様の文章をyonda?ってか?驚け無学な底辺労働者!俺様はバカ田大学卒であるぞ、か。
 ま、私には字を書ける変質者にしかみえませんけど。
 都合の悪いコメントは自分の判断で隠しちゃうしね。


  comment
松陽 URL @
09/10 21:40
. ご回答ありがとうございました。


Yonda? URL @
09/12 21:45
カーバさんへ. 

変質者って、それ、ぼくの正体かもしれない。
きみは人を見る目があるなあ。
うんうん、おれは変質者というのがいちばんぴったり来るのかも。








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/4215-d31c1ba6