感動職場

先月さ、それは自業自得だから仕方がないんだけれど、
ものすごい傷つく悪口をある男性集団からわざと聞かせるように言われたわけ。
まあ、いじめのようなもの。
でも、いじめじゃないよ。おれはいじめられっ子ではなくいじめっ子だから。
その翌日にいまはほかの仕事に就いている
ユーミ(既婚子持ち)がわざわざ来てくれた。
わざわざ演劇的に女優のように言ってくれた。
わたしに聞かせるのが目的であるかのようにうまくセリフを耳に届けてくれた。
「なんだか土屋さんの顔を見たくなっちゃって」
わたしに向かってではなく、同僚のミッカーに向けて。
しかし、かならずわたしに聞かせてやるという意図を持って。
ありがたかった。とてもありがたかった。
それは感動したけれど、そこで感動したら乗せられたような気がして。
バッカヤロと泣きたくなった。コノヤロウと思いました。ぐっと来たね。

COMMENT

- URL @
07/08 01:32
管理人のみ閲覧できます. このコメントは管理人のみ閲覧できます








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/4186-12b7e824