古株は偉いのか?

体育会系のグループではなぜか先輩や古株は偉いとされている。
またまあ、みんなから嫌われているのに
わざわざ来て偉ぶる先輩というものが、そう言えばいたなあ。
なんで古いほど偉いとされているんだろう。
高校生のとき卓球部にいたが教えるのが好きで弱い先輩がいた。
卓球は弱いのに先輩ぶって卓球を教えたがるのである。
彼は京都大学に現役で入学したから、偉いのか偉くないのかいまでもわからない。
ただ味のある先輩だったなあ、と思う。名前も忘れちゃったけれど。
古参、古株、先輩が偉いっていう価値観はどうなのだろう。
わかるよ、わかります。
そういう価値観がなかったら、集団は動けない、動かない、動かせない。
いまはなき文壇(知ってる?)なんかでも
古株が異常なほど威張っていてひたすらどこまでもキモいって思う。

このまえバイト先で入庫をしていたら、
新入りの生活保護受給中の54歳Tさんからパレットの置き方が違うと叱られた。
わたしのほうがぜんぜん先輩だけれど、あら、そうですかと思った自分がいる。
偉い偉くないってなんだろう。
バイト先でもこの人は偉いと思う人が新古にかかわらずおられる。
まあ、たいがいの場合、偉ぶっている人は偉くないよねえ。
わたしなんかも他人の目にはそう映っているかもしれない。
そうだとしたら、もっと謙虚にならなくちゃなあ。

ああ、わたしは超古株のカリヤンに本の入れ方が違うと言える狂人だから。
偉いのか偉くないのか。
ライン(流れ作業)ではまえの人の本の入れ方で毎回めんどくさい思いをすることがある。
常識人はそう思っても相手をおもんばかって本当のことは言わない。
がためにストレスがたまるのかもしれない。
いつだったか、カリヤンの本の入れ方がおかしくてムカムカしたことがあった。
巨匠のナカウチさんに「これは違うですよね」と確認したのちに、
わたしはいまのバイト先でいちばん恐れられているカリヤンのところに行った。
つかつかと歩み寄った。わざわざ歩いて話しかけに行った。
「20の箱にこの本はこう入れてくださると後が楽になります」
カリヤンはその後、お願いしたようにしてくれた。
あのカリヤンと交渉できるわたしはもしかしたらものすごく偉いのかもしれない。
偉そうなのかもしれない。みんなから嫌われているのかもしれない。

わたしはカリヤンを偉いと思う。
なぜなら嫌う人も少なくない入庫に率先して行ってくれるからである。
もしかしたらカリヤンといちばん「近い」のはわたしかもしれない。
むかしカリヤンを刺激したことがある。
出勤時の階段で「カリヤくん、おはよう」と大声であいさつした。
カリヤンは「おはよう」とあいさつを返してくれた。
あんなことをできるなんて自分はやっぱり偉い(偉そうな?)のかもしれない。

人は威張っている人を偉いと思うものなのである。
わたしは威張っている人が嫌いだが、もしかしたらわたしこそ偉そうなのかもしれない。
しかし、偉そうに振舞えるのが偉い証拠なら、いったい真実はどうなのだろう。
わたしは偉くなさそうな人に平身低頭して、偉そうな人に嫌悪感をおぼえる人間だ。
偉そうなやつは大嫌いだが、もしかしたらいちばん嫌いなのは自分かもしれない。
自分と比べたらいまのバイト先の人はいい人ばかりなのかもしれない。
いい年をしたおっさんがバイトっていうのもなんだかなあ。
だから威張りたがるパートのおばさん、おじさんがいるのかもしれない。
古株は偉いなんて、まあ嘘よ。
本当に優秀な人なら時給850円で4年も5年も働かないから。
いまの職場ではダメな人ほど古株になるのかもしれない。
そして、ダメなわたしはダメな人をそう嫌いではない。威張らないかぎりにおいて。

COMMENT

- URL @
07/18 01:49
. 仕事遅いくせに愚痴こいてんじゃねぇ
ウザイ!キモイ!臭い!








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/4163-16b47f54