「男はつらいよ 寅次郎と殿様」

バイト先の上司さまからすすめられたので
かねてから「男はつらいよ」を見てみようかと思っていた。
いろいろお世話になりましたでございますし。
たまたまBSジャパンで放送されていた77年公開の
「男はつらいよ 寅次郎と殿様」をジェイコムで視聴。
「男はつらいよ」シリーズを見るのははじめて。
だいぶむかしに酒をのみながらいい気分で見たら、ふむふむと思った。
山田太一ドラマは庶民批判があるけれど、
山田洋次映画にはただただ庶民礼賛しかないのである。
庶民は正しくてあったかくて、みんな苦労しているんだから、がんばって生きようみたいな。
まあ、男社会の厳しさが「男はつらいよ」を集団創作していたのはわからなくもない。
いまはむかしほどではないのだろうが、男社会ってホントーにきびちいんだ。
つねに競争を迫られ、会社のために、
ひたすら自分を殺すことを朝から晩まで要求される。
トラさんみたいに気ままに生きることができたらなあ。
昭和の野郎どもの願いの結晶が映画「男はつらいよ」シリーズだったのではないかと思う。
なんで男ばかりこんなつらい思いをしなきゃならんの、みたいなさ。
トラさんはおれみたいなやつなので参った。
定職にもつかずふらふらして、そのくせみなが言えない本当のことを随所で言っている。
それでも嫌われないのだからふしぎな存在である。
どこから見てもトラさんはいやなやつでしかないのだが、そこに大衆は惚れてしまうという。
大衆(庶民)の特徴は自分のあたまで考えず大衆(庶民)に右へならえをすることである。
そして、それが楽しいのだ。
みんなとおなじ価値観で考え、みんなとおなじ行動をする。
がために、ちょっと異質なトラさんが人気を得たのだろう。
大衆(庶民)にもわかるレベルにおける自由の象徴が「男はつらいよ」のトラさんなのだろう。

COMMENT

東方不敗 URL @
06/12 23:01
庶民派戦略で行きましょう!. 次は、「キネマの天地」を見てくだしあw

脚本は山田太一先生でありまする。

最近一番感動した映画です。








 

TRACKBACK http://yondance.blog25.fc2.com/tb.php/4156-8a12c4a3